FC2ブログ
2週間の冬イベントが2月23日を以て作戦終了しました。
今回は中規模との事でしたが皆さんの進捗状況はいかがでしたでしょうか?
イベントが終了したので恒例のイベント雑感です。

***
難易度選択方式
今回は難易度を甲・乙・丙の3種類から選択できるようになりました。
これにより資源・艦隊状況に応じイベントをより楽しめるようなりました。
時間がない提督はライトに丙、ガッチガチの歴戦提督は甲と、ライフスタイルにあわせた出撃も可能で、神仕様ではないかと思います。
今後もこの方式が採用されるでしょうね。
現状難易度で報酬にそこまで差が無いので、甲にこだわる必要もなさそうです。
実の乙・丙、名の甲と言ったところでしょうか。
今回難易度甲は夏E-6並の厳しさだったようで、今後も甲作戦では極限の戦いが展開されそうです。
今後の艦隊運営も、難易度を念頭に置いておくといいですね。

***
新艦娘
今回は正規空母に雲龍型の天城、潜水艦にUボート、新艦種の練習巡洋艦・香取などバラエティーに富んだメンバーになりました。
練習巡洋艦は経験値に影響するなどなかなかユニークな艦種なので育成を頑張る価値がありそうです。
朝霜・・?知らない子ですね・・

***
トリプルダイソン
まさかの夏以上の悪夢来襲です。
最深部甲作戦時に戦艦棲姫級3隻を相手にする事にりました。
連合艦隊でのトライなので一概に夏と比較はできませんが、高火力と洗練された戦術が求められるうえ、運にも恵まれないと突破できない鬼畜さではなかったでしょうか。
そのうち全艦ダイソンとか・・うっ、頭が・・

***
難易度選択が大きな柱だった今回のイベント、もう規模に惑わされなくなったと言えます。
まあ、そのうちE-10くらいまでマップがあって大規模(マップ数のみ)みたいなカンジになるのでしょうか。
兎にも角にもこれで暫くは通常運営に戻ります。
次回に向けて艦隊運営をしてまいりましょう!
スポンサーサイト
2015.02.13 E-5攻略
夏E-6並のキツさともっぱらの評判の冬E-5(甲作戦)、魯粛提督もいよいよ足を踏み入れます。
夏E-6で戦略的撤退をしてより半年、この難関海域を攻略して自分の中で完全に乗り越えていきたいところですが、果たしてどうでしょうか。
では早速行ってみよう!

***
この海域は那珂ちゃんや阿賀野といった史実に基づいたルート固定ができますが、私が選択したのは同じくこの戦いで損傷してしまった過去を持つ旗艦・明石編成です。
これによりA→Cが固定できてうずしおを踏まなくて済みます。
あきつ丸の烈風拳と同じく、クレーンアタックを期待したいところです。
道中は支援艦隊のおかげで大破撤退はあるものの夏E-6ほどではなかったため、それなりにボスに到達できるカンジでした。

2015冬32
↑初S勝利

3回目の出撃で初のS勝利、これは案外行けるかという手ごたえを感じた一戦でした。
まあ、本命は最終形態なんですが・・
連合艦隊なので1回の出費がタイヘンですが、それでも約30万の資源と3000個近いバケツパワーでゴリゴリ押していきます。
ラストダンスになってから5連続撤退をしてしまいましたが、ついに最終形態との初対戦です。
出でよトリプルダイソン!

2015冬33
↑絶望しかない

これはひどい(失禁
しかしここで支援艦隊が神攻撃を見せて重巡2隻を撃沈、ダイソン1隻に小破ダメージを与えます。
続く大和が空母をスナイプして初撃時点3隻葬り去る素晴らしい展開に。
明石がクレーンアタック2発で約90のダメージを稼ぐナイスアシストもあって、昼戦終了時点でトリプルダイソンのHPを半分以上削るこれ以上ない理想的な展開に。

22.png
↑夜戦の時間だああああああ!

夜戦開始時の戦況はこのようなカンジです。
北神様が戦力外なのがイタイところですが、大井っちが健在とトドメを刺すには十分な形勢です。

2015冬35
↑・・・

しかしここで魯粛提督の運の無さが炸裂します。
先ほどの夜戦開始時の画像をSSとしてまとめている間に神通さんがボスをスナイプしたようで、あっさり攻略完了していたと言うなんともマヌケな展開に。
おかげでゲージ破壊の瞬間を撮影できないという、締まらない結果となりましたが、何はともあれ無事ラストダンス1回目で夏のリベンジを果たす事に成功しました。
神通さん最高や!

2015冬36
↑天城越え

と言う事で最深部海域攻略報酬の正規空母・天城を獲得です。
天城は就役時には既に戦況がいかんともしがたい状況になっていたため、空母として運用される事は無く呉で大破着底状態で終戦を迎えました。
天城が横転したカラー写真が残っていますが、敗戦国の悲哀を物語る証拠として当時の人々の目に焼き付いたのでしょうか。
艦これでは存分に活躍させて差し上げたいですね。
その史実を反映してか、薄幸の女性(むしろ病弱)ぽく描かれています。
私のイメージともぴったりで、これは育成待ったなしです(ケッコンしよ

***
今回魯粛提督の総力を結集した戦いだったので、参考までに編成を残しておきます。
ちなみに意識的なキラ付けは行っていません。
ただし撤退す場合は必ず夜戦に持ち込んで第1艦隊旗艦(明石)を確実にキラキラ維持状態にはしています。
支援艦隊も道中・ボスともに旗艦のみで、ボスは旗艦さえキラ付けしていれば100%支援に来てくれるのでいいとして、道中は「来ればラッキー」程度の心構えで臨んでいます。
今からこの難関海域に挑戦する提督諸氏も奮戦を期待します!

※連合艦隊(水上打撃部隊)第1艦隊※
2015冬37
↑旗艦明石

明石:応急修理要員・応急修理要員・強化型艦本式缶・新型高温高圧缶(大破進軍可能化)
大和:46cm三連装砲・試製51cm連装砲・零式水上観測機・九一式徹甲弾
武蔵:46cm三連装砲・46cm三連装砲・零式水上観測機・九一式徹甲弾
金剛:試製35.6㎝三連装砲・試製35.6㎝三連装砲・零式水上観測機・電探
千代田(千歳):4スロット烈風系
隼鷹:3スロット烈風系・彩雲

※連合艦隊(水上打撃部隊)第2艦隊※
2015冬38
↑旗艦時雨

時雨:五連装酸素魚雷・五連装酸素魚雷・照明弾(カットイン要員)
神通:2号砲・2号砲:零式水上観測機
雪風:艦首魚雷・五連装酸素魚雷・五連装酸素魚雷(カットイン要員)
霧島:35.6cm連装砲(ダズル迷彩)・試製35.6㎝三連装砲・夜偵・九一式徹甲弾(夜間触接要員)
北上:3号砲・3号砲・甲標的
大井:3号砲・3号砲・甲標的

※決戦支援艦隊※
2015冬39
↑旗艦キラ付け駆逐艦

基本的に砲・電探
空母系は艦爆(江草隊)合計4と彗星一二型甲
戦艦はフィット砲(41㎝砲)で火力より命中重視

※道中支援艦隊※
2015冬40
↑旗艦キラ付け駆逐艦

基本的に砲・電探
空母系は彗星一二型甲
戦艦はフィット砲(35.6㎝)で火力より命中重視

***
水上打撃部隊には正規空母なら1隻、軽空母なら2隻編成できる仕様なので制空権優勢以上をねらって軽空母2隻編成にしました。
空母棲姫は避けて通れないので、軽空母が狙われて大破撤退の大きな原因となってしまいましたが、最終形態で制空権確保ができるのが大きかったです。
明石さんもまさか本格的な大規模作戦に戦闘要員として加わるとは思ってなかったでしょうが、こんな事もあろうかとレベル120近くまで育成した魯粛提督、戦略がバッチリ決まってご満悦です。
これにて、魯粛提督過去の敗北をまた一つ乗り越え、さらに前進ス!

2015冬41
↑甲作戦完了!

全作戦終了したので、資源状況を確認しておきます。
イベント開始前は30万近くありましたが、前日に5-5へ少し出撃したので、実際は29万前後からスタートしました。

2015冬34
↑資源状況

各資源4万~4.5万、バケツは約230個の消費でした。
夏は燃料が15万まで減ったところで戦略的撤退をしたことを思えばE-5ラストダンスを一発突破できたのが非常に大きかったです。
これなら春に大規模が来ても資源的には余裕を持って臨めそうです。
2015.02.12 E-4攻略
E-4は再び精鋭艦隊による突撃です。
この海域がきついのは駆逐艦を2隻投入しないといけないところです。
そのため途中撤退率も高く、道中支援推奨の海域となっています。
この海域にはトラック縁の舞風(レベル69)を、過去を乗り越えさせるべく固定で出撃させました。
なお野分はレベル39(未改装)なためお留守番でした・・

2015冬26
↑緒戦ボス到達

道中支援も惜しみなく投入したのであとは試行回数の問題です。
そしてボスS勝利にて・・

2015冬27
↑!?

ながもんキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

艦これ開始1年半にして、ついに図鑑No.1が埋まりました。
思えば長門を手に入れられる機会である・・
戦艦レシピ→そもそも回したことが無い
大型艦建造→大和数回で入手・大鳳一発
と、長門が出る暇が無かったのでドロップしかありませんでした。
あとはビスマルク狙いのついでに、と思っていましたが、これでビスマルク単品狙いでは割に合わなくなってしまったので益々回す機会が遠のいたことに。
何はともあれ、初の長門入手にテンションダダ上がりです。


2015冬28
↑ゴリゴリッ↓
2015冬29

あとはもう数の暴力で押し包むように進軍するだけです。
道中支援を使ってもそれなりに撤退の数は増えましたが30万パワーの前には関係ありません。

2015冬30
↑どっかーん

最終形態は道中・決戦支援を投入して攻略完了!なのです!

2015冬31
↑そのムチで

海域クリア報酬は初の練習巡洋艦である香取です。
やはり教官役としての登場でしたw
経験値アップに関連する特殊な艦なので、演習を中心に優先的に育成していこうと思います。
そしてこれで魔のE-5への挑戦権を得られました。
明日はいよいよ最終海域へ進出です!
2015.02.11 E-3攻略
E-3は今作戦初の連合艦隊戦です。
そろそろ連合艦隊も定着してきましたが、アニメ組にとっては初めての経験です。
ここで今後のイベントへの経験を積んでおきたいところです。

2015冬19
↑那珂野さん?

ボスは史実のトラック空襲で沈んだ阿賀野と那珂がモデルっぽい深海棲艦です。
那珂+阿賀野で・・那珂野さんかな?(怖そうに聞こえない)
装甲が堅いですが、連合艦隊ならば勝つ事自体はそう難しくないでしょう。
夜戦部隊を温存するためにも編成は水上打撃部隊を推奨します。
なお、撤退さえしなければかなりの勝率を誇るので、艦隊司令部があれば是非第1艦隊に積んでおきましょう。
その際は2隻大破による轟沈だけは気をつけてください。

2015冬20
↑那珂野さんこの海域はこれで勘弁を

ボスなので夜戦に持ち込んでしまえば楽勝なので、この海域は周回に向いていると言えます。

2015冬21
↑ヤッター

この海域ではまるゆ、あきつ丸のドロップ他時津風や春雨も手に入るらしいので、新規提督は連合艦隊習熟と共に掘りも行っておくといいかもしれません。

2015冬22
↑護衛退避艦

Tipsとして、艦隊司令部による護衛退避担当艦(第2艦隊旗艦以外の、上から順番に駆逐艦が担当)は疲労状態になるので、ダメージを負った艦を編成で並び替えておくとバケツで最低限の疲労が取れる状態になります。

2015冬23
↑どっかーん

と言う事でここは問題なくクリアできました。
E-2の難易度から考えるとE-1に次ぐ気楽な海域でした。
連合艦隊1戦目は毎イベントこんなカンジですね。

2015冬24
↑クリア報酬↓
2015冬25

海域突破報酬は新装備と新艦娘です。
艦娘はドイツの潜水艦、ユーボートです。
まるゆを除いて、久々にまともな戦力となる潜水艦の追加となりました。
ゆーちゃんで定着しそうですね。
これで通常作戦は終了ですが、鬼難易度のエクストラステージが解放されました。
果たしてどのような激戦になるでしょうか。
明日以降はエクストラステージの戦いの記録です。
2015.02.10 E-2攻略
楽勝だったE-1でしたが、E-2はどうでしょうか。
余勢を駆って意気揚々と乗り込みます。
手探りで、まずは夜戦と制空力の平均的な艦隊で挑んでみます。
編成は軽母・重巡×2・戦艦・正母×2です。
イベントでは鳳翔さんをどこかの作戦で使いたいと思っているので、今回のイベントではこの海域に投入しました。

2015冬10
↑緒戦到達↓
2015冬11

うずしおは踏んでしまったもののボスへ到達できました。
うーん、一応S勝利は出来るもののA方面へ行きたいですね。
そこで少しづつ編成をいじりつつ情報収集をしていると、どうやら駆逐艦or軽巡or軽空母2隻でA方面へ固定できるらしいとの事で、重巡1隻を駆逐艦か軽巡に変更して挑みます。


2015冬12
↑駆逐艦がネック

道中の駆逐艦の大破が多く、かなり苦戦しましたが数の暴力でジリジリ削っていきます。

2015冬13
↑支援が欲しいが

支援艦隊の投入も考えましたが、E-1であまりに余裕だったので第2艦隊以降を数時間の遠征に出してしまったので支援艦隊を投入できませんでした。
じゃあ待てよと言うツッコミを受けそうですが、勢いも大事なので凸りまくりますw

2015冬14
↑長かった戦いに終わりが

まあ結果としては大人しく遠征の帰還を待って支援艦隊を投入すべきでした。
Fマスの複縦陣ル級の毒牙で撤退が続いてE-2で早くも大苦戦です。
小型艦をこれまたピンポイントで狙い撃ちしてくるものだからきついきつい。
10回は撤退したと思います。

2015冬15
↑どっかーん↓
2015冬16

最終形態で遠征から1部隊が帰還したのでやっと支援艦隊を投入できる状態に。
今回は大破撤退の要因となる道中支援で攻略します。
まあボスにさえ到達してしまえば高確率で勝てるのでそこは問題ありませんでした。

2015冬17
↑海域攻略報酬↓
2015冬18

甲作戦では試製51㎝連装砲が入手できるので、他の海域はともかく、ここだけは甲作戦の突破を試みていいと思います。
おそらく大和型改二の装備と思われますが、流石にまだ大和型に改二仕様は来ないと思うので、ここで是非とも入手しておきましょう。
とりあえず鳳翔さんお疲れ様でした!
今後は支援艦隊としてまだまだ頑張ってもらいますのでよろしくお願いします!
2015.02.07 冬E-1
さて始まりました冬イベント、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
今回からイベントに重要な仕様が加えられましたね。
過去に、イベント海域に任意に難易度選択ができるようにしてほしいと言及しましたが、今回からそれができるようになりました。
甲(難)乙(普)丙(易)の3種から選べますが、これは神仕様と言っていいでしょう。
一度攻略してしまったらもう変更ができないとの事なので、レア艦堀りを目的とする場合注意が必要ですが、おそらく丙では掘りに適さないと思うので、中堅提督以上を辞任するなら乙以上でいいのではないでしょうか。
私は当然全海域甲作戦です。

2015冬3
↑難易度勲章

このように自分がどの難易度を選択しているか見られるのもいいですね。
素晴らしい!
では早速E-1行ってみましょう!
ここはGマス以外は全潜水艦なで、ソナー爆雷ガン積みでOKです。
そのため、最初の分岐でAに行ってしまったら撤退するのもアリです。
ソナー爆雷開発は既に終わっているため、甲作戦と言えど全く問題ありませんでした。

2015冬1
↑北回りルートが楽

ボス前で索敵演出が入るため、レベル1のバイト艦では流石に無理ですが、50程度の低練度の艦を入れても問題なかったためそこまで高い索敵値は要求されてないのではないかと思われます。

2015冬2
↑オールS勝利もわずかに残る↓
2015冬4

ボス戦は全てS勝利でしたが、それでもゲージがミリ単位で残ってしまいます。

2015冬5
↑ド━━━━m9(゚∀゚)━━━━ン!!

全く問題なくE-1クリア!なのです!
バケツも10個弱とすごくストレスフリーな海域でした。

2015冬6
↑チョコや装備↓
2015冬7

海域クリア報酬はチョコや改修資材などのアイテムの他、烈風シリーズがもらえるので新規着任提督でもここはクリアしておくべきでしょう。
優秀な艦戦はいくつあっても困りません。
明日はE-2(甲)の模様をお届けします。

2015冬8
↑E-1(甲)クリアの証
みなさん秋イベント「発動!渾作戦」の進捗はいかがでしょうか?
イベントは12月1日のメンテを以て終了となります。
既に攻略もレア艦堀も終えて次の目標に向かっている提督も、じっくりと攻略している提督も、残り少ないイベント期間を満喫していきましょう!
私はと言いますと、E-4までは実質1日でクリアしてしまったので、資源状況を見ながらレア艦堀をしていました。
レア艦堀「E-5」の模様は後日にするとして、ひとまず作戦目標を達成したので少し早いですがイベント海域より撤収しようと思います。
そこで、少し早いですが今回のイベントの総括に移りたいと思います。

***
※難易度※
事前に中規模イベントとアナウンスされていたとおり、夏に比べてマップも難易度も抑え目なイベントでした。
夏E-1、E-2が過去最難関レベルだったことを思えば、今回は以前と同じく名前通りの難易度でした。
歴戦提督にとっては少し物足りない難易度でしたが、夏で全力を出した提督にとっては資源に優しい箸休め的な、そして新規提督にとっては腕試しにちょうどいいバランスだったと思います。
まあ、これだけ緩いと冬イベントがかなり怖いところではありますが、12月1日が秋イベント終了となるので、冬イベントの開催時期によりますが間隔が短くなりそうなヨカンなので、イベント終了の開放感に浸って大型艦建造祭などを開催していると冬に泣きを見る羽目になる・・かも!?

※連合艦隊雑感※
夏イベントで初登場した新機軸「連合艦隊」システムですが、今回のイベントの隠された目的には「連合艦隊の周知・定着」があったのではないかと思います。
事前アナウンスからすると海域の一つが連合艦隊を操るものだと思われましたが、フタを開けてみれば4海域中3海域で連合艦隊を操らなければいけなかったのがその表れではないかと思いました。
夏時点ではプロトタイプ的な実装だったため連合艦隊独特のシステムに戸惑うことが多かったですが、秋でも連合艦隊を操る事でおおまかに連合艦隊の特性と方向性が決まってきました。
更に機動部隊と水上打撃部隊の選択など新たな仕様も加え、艦隊の編成を考える楽しさがぐっと増えました。
これからも連合艦隊は発展しながら続いていく仕様だと感じさせるには十分なイベントでした。

※多方面作戦※
これも事前アナウンスされていたとおり、実質二正面作戦となりました。
夏と違って、事前にエクストラステージの解放も周知されていたので先の見えない海域への不安は薄れました。
夏の不満点を解消・・というよりゲーム的に「敵の誘引作戦」としてのエクストラステージだったため事前に分かっていたから、と言う方が正しいかもしれませんが。
敵の奇襲を受けるようならばまた夏のような先の見えないものに向かって戦力を温存していかなければならないストレスがかかるかもしれませんが・・
兎に角艦隊の戦力の平均的な底上げは最早必須と言えるので、艦娘の一点特化の運営では苦戦必至でしょう。

※今後の展望※
艦これはソーシャル要素に非常に敏感なゲームです。
ユーザーの声が反映される事も多く、その意味で夏の不満点を解消してうまく消化したのが秋イベントではなかったと個人的に思っています。
過去に不満の多かった要素で現在廃れている要素には・・
・夜戦開始→昼戦移行システム(移行条件が完全に運任せなため)
・ゲージ回復(現在も賛否両論も、回復なしの声が優勢)
・お仕置き部屋緩和(F5対策)
などがありますが、これらは一応最近行われていないだけで今度復活する可能性はありますが、かなり低いと思います。
逆に連合艦隊や多方面作戦は今回も発展・実装された事で今後も継続すると見ていいでしょう。
史実モデルの海戦にはまだまだ連合艦隊や多方面作戦が予想されるものがたくさんあるので、先を見据えた艦隊運営が必要になってきます。
同時に連合艦隊で大事な資源備蓄にも気を配らないといけません。
これは提督の仕事がかなり増えてきましたねw
最後に、夏イベント総括時の再掲になりますが、今後のイベントモデル海戦予想です。
なお、マリアナ沖海戦は今回のE-4に当たるとの説もありますが、私自身はE-4はif作戦と捉えているので一大イベントとして翔鶴姉妹改二実装と同時に投入されると思っています。

今後のイベントモデル予想海戦(再掲)
レイテ沖海戦:エンガノ岬沖海戦・シブヤン海海戦・スリガオ海峡海戦・サマール沖海戦の4局面による4正面作戦+連合艦隊戦
捷号作戦:史実は捷一号作戦(レイテ沖海戦)のみで二号~四号作戦は発動されなかったが、if作戦として実装もアリかも。史実で発動されなかった捷二号~四号の3方面作戦
マリアナ沖海戦:キーワードはアウトレンジ戦法とマリアナの七面鳥撃ち。敵側の新装備実装(VT信管)によるボーキマッハな連合艦隊戦
坊ノ岬沖海戦:戦艦・大和の最期の海戦にして帝国海軍最後の大型水上艦攻撃作戦。圧倒的航空兵力を相手にする劣勢下での連合艦隊戦
2014.11.26 E-4攻略
今回のイベント最深部、E-4攻略です。
ここまではほぼ完勝している我が魯粛艦隊ですが、ここはどうでしょうか。
夏の撤退を糧に成長した艦娘達よ、今こそその力解き放て!

***
このマップには雷巡3隻を投入できるため、連合艦隊はボス夜戦に第2艦隊を被害軽微で温存すべく水上打撃部隊を選択します。
水上打撃部隊は第1艦隊から先に行動するため、トドメを刺す第2艦隊の被害を極力抑えるためです。
第1艦隊の空母には加賀を選択、烈風キャリアーとなったうえでボス戦の航空戦はほぼ捨てて挑みます。

艦これ1085
↑空母おb(ry突破

このマップはGの空母棲姫がネックで、夏E-6でトラウマになった提督も多いでしょう。
かく言う私もそのうちの一人ですが・・
ここで何度か撤退させられましたが、連合艦隊の特性上、1隻だけ大破、その他ほぼ無傷といったパターンが多かったです。

艦これ1086
↑翔鶴?

ボスの空母水鬼は翔鶴に似ていますね。
この先に進んだら次のイベントでマリアナの七面鳥撃ちに遭うよ!って警告してくれている・・わけはないですよね。ね!?

艦これ1087
↑まるゆさんちーっす

ボスドロップではしおいやまるゆなど、レア艦がドロップします。
今回のまるゆ率はかなり高いらしく、周回が捗りそうです。

艦これ1088
↑ラストゲージ!

空母おb(ry・・お姉さんに何度か撤退を食らったもののそれ以外は特に詰まる事もなくラスト1回を残すのみとなりました。
ボスマスさえたどり着けばハイパートリオが仕事をしてくれるので、Gが実質ラスボスと言えそうです。

艦これ1089
↑ド━━━━m9(゚∀゚)━━━━ン!!

ラストもきっちり大井っちが決めて攻略完了!なのです!
今回は連合艦隊とハイパートリオの親和性の高さを実感できました。
弾着観測射撃で一時は主力の座を奪われかけた雷巡が、連合艦隊の実装と共に再び切り札筆頭に躍り出たと言えるでしょう。

艦これ・野分
↑のわきいいいいいいいいいいいいいいい

野分キタ━━━━━━━━m9( ゚∀゚)━━━━━━━━!!
個人的に今回のイベントでもっともうれしい要素がこの野分実装でした。
これでやっと舞風と戦えるよ・・
今度は離れ離れにならないよう運用していきます!!

艦これ1090
↑完全攻略!

今回のイベントはきっちり夏のリベンジを果たせました。
かなり気楽なイベントでしたが、前向きな気持ちで次に進めるというのは非常にいい事です。
周期的に冬イベントは厳しい作戦になるか、アニメコラボで緩いイベントになるかわかりませんが、これで意気揚々と乗り込めます。
まずは、連合艦隊とレア艦堀りを楽しむとしましょう。

艦これ1091
↑E-4攻略時資源状況

今回のイベントで消費した資源は凡そ次の通りです。
燃料:14000
弾薬:16000
鉄鋼:4000
ボーキ:5000
バケツ:84個

資源からもいかに今回気楽に挑めたかがわかります。
一部ではぬるい、など言わていますが、新規提督にとって夏規模のイベントが続くのもきついので、たまにはこういったイベントもいいですね。
某魔塔建設ゲームで新規~中規模お断りイベントを体験してしまってからと言うものの、新規にやさしいイベントこそ大事なんだなあと実感している今日この頃です。
2014.11.23 E-3攻略
少し間が空きましたが、E-3攻略です。
どうやらここは夏E-4同様あきつ丸を入れるとルート固定できるとの事で、烈風拳を再びかませそうですw
現在では妙高・羽黒を編成する事でボス前固定ができると言う検証結果が出ていますが、普通に重巡ハイレベル2隻を使ったらたまたま妙高・羽黒だったおかげで仮にあきつ丸がいなくてもちゃんとボス前固定できていました。

艦これ1078
↑3戦ルート

とは言えこの時点ではまだ妙高・羽黒固定は判明していないので、あきつ丸と雷巡1隻編成で進んでいます。
戦術上、空母枠以外で烈風を扱えるというのは制空権確保上重要なのであきつ丸の存在価値が高いです。

艦これ1079
↑あきつん

1回目のボス撃破であきつ丸再び。
これで大発が3隻になって、艦隊決戦支援任務(15h)が捗ります。

艦これ1080
↑うわあああああああああ

2回目のボス撃破であっさり朝雲着任です。
これで早くも今イベントでの新艦娘が揃いそうです。
あとはプリンツオイゲンを入手できれば完璧です!

艦これ1081
↑順調すぎ!

ラストゲージまで2回の撤退でたどり着けました(1回だけ妖怪6足りないのおかげでオールS勝利とはいきませんでしたが)
順調すぎて怖いですが、今回のイベントはとても資源に優しくていいですねw

艦これ1082
↑大井っち~

最後は大井っちが〆て攻略完了!なのです!

艦これ1083
↑プリンツオイゲンちゃん

個人的予想は男装の麗人でしたが、全く異なる艦娘でしたw
ふぉいあー♡ふぉいあー♡

艦これ1084
↑E-3終了時資源状況

日をまたいだせいか、遠征で資源が回復してほぼ減少無しでクリアです。
E-2と比べて弾薬だけが2000、他は200の減少で済んでいます。
バケツに至っては9個の消費です。
過去最高の戦果を挙げつつ、E-4へ突入!なのです!
2014.11.19 E-2攻略
E-1に続いてE-2攻略です。
E-1はストレートクリアでしたがここはどうでしょうか。
編成はすいらいせんたんで、81の川内を始め、菊月80や初霜85など、駆逐艦の高レベル帯第二群での出撃です。

艦これ1074
↑春雨?

史実でこの作戦中に沈没した春雨っぽい深海棲艦がボスです。
駆逐艦とは名ばかりの耐久190のボスです。

艦これ1075
↑シャッシャッシャッドーン↓
艦これ1076

2回の撤退でクリア!なのです!
バケツはそれなりに使いましたが、特に問題なく突破です。
夜戦マスもそこまで厳しくなかったのがいいですね。

艦これ・秋月
↑秋月の空

実装が待たれていた秋月推参です。
高い対空値を持ち、現状駆逐艦の最強砲を持ってきます。
秋雲などと名前が似ているので誤解体、近代改修などの注意です。

艦これ1077
↑E-2終了時資源

E-1からすぐ出撃しましたがいずれも燃料・弾薬が500前後の消費、鉄鋼は増加でした。
流石にバケツはどんどんぶっかけたので24個の消費と多め?でしょうか。
今回のイベントはE-1、E-2がそれ相応の緩い難易度なので新規提督にもとっつきやすくていいですね。
ぬるすぎるという声もありますが、高難易度のイベントばかり続くのも興業的にきついでしょうね。
これだけ提督が増えると最早実力に差が付きすぎているので全員が満足するイベントなど現実的に不可能でしょう。
簡単に完走できたなら次の準備を念入りに始められるとポジティブにとらえて活動するくらいの心の余裕が欲しいですね。
イベントの難易度程度でモチベーションが保てなくなるようなら、仕方ないけどそこまででしょうかね。
飽きたらすぐ乗り換えられる素軽さもブラゲの魅力なのですから。
2014.11.15 E1-1攻略
いよいよ秋イベント攻略です。
今回は事前のサーバ強化が功を奏したのか、E-0猫爆撃海域はありませんでした。

※TAKE1※
艦これ1067
↑緒戦いい感じ

E-1は水上打撃部隊による連合艦隊ですが、連合艦隊補正のおかげかダメージを食らう事が非常に少なかったです。
おかげで緒戦でほぼ無傷でボス到達できました。
北上様が第1艦隊に入っているのはご愛嬌です(雷撃は第2艦隊でないと発動しない)

艦これ1068
↑幸先良し

緒戦は順調にS勝利でした。
E-1らしく非常にストレスフリーなステージで魯粛提督思わずニッコリ。

※TAKE2※
艦これ1069
↑まさかのミラクルパーフェクト勝利

2戦目は道中含めてボス勝利まで1回も被弾なしでした。
こんな連合艦隊なら大歓迎ですw

※TAKE4※
艦これ1070
↑ストレートなるか

結局一度も途中撤退する事なく・・

艦これ1071
↑撃破!

E-1クリア!なのです!

艦これ1072
↑新装備

クリア報酬は新装備の91式高射装置でした。
対空カットインに関係する装備でしょうか。

艦これ1073
↑E-1終了時資源

燃料と弾薬は2000前後、鉄鋼とボーキは誤差(鉄鋼に至っては途中で遠征部隊が帰ってきたおかげで増加)でした。
バケツは驚きの使用量4個でした。
これなら最近着任した提督でも十分勝機が見えそうですね。
手軽に参加できるイベント入門としても、2週間と言う期間を有効活用してクリアしておくべきでしょう。
夏E-1?知らない子ですね・・

編成は、正規空母は1隻までしか編成できないので、戦艦枠は航空戦艦2隻に瑞雲系を積んで空母の制空権サポートを意識しました。
あとは普通にレベル80台の準主力級重巡と駆逐艦勢で突破しました。

***
余談ですが、マップにアルファベットが打ってあるのは非常にありがたいですね。
ブロガーとしては編集が楽になるので既存海域にもこの仕様を実装してほしいです。
01▼駆逐艦「潮」改二改装の実装 特型駆逐艦「潮」が高い練度において、さらなる改装が可能となります。 ※同改装には、改装設計図は不要です。

02▼給糧艦「間宮」「伊良湖」ボイス実装 艦娘をサポートする給糧艦「間宮」及び「伊良湖」に新収録ボイスが実装されます。給糧艦使用確認前の確認画面や同使用時に再生されます。

03▼駆逐艦「潮」「曙」及び「初春」「子日」追加ボイス実装 改装後の駆逐艦「潮」「曙」及び駆逐艦「初春」「子日」に、補給ボイス・放置ボイス・ケッコンカッコカリ専用母港ボイス・母港/戦闘ボイス等がそれぞれ追加/更新実装されます。

04▼母港拡張枠の拡大 母港拡張枠の「艦娘」最大保有数を現在の210隻から220隻に、【+10隻分】拡張致します。同時に「装備」の最大保有数も【+40装備分】拡張致します。

05▼【新装備】の実装 下記の「装備」が新たに実装されます。 ●91式高射装置 ●94式高射装置 ●10cm連装高角砲+高射装置 ●SKC34 20.3cm連装砲 ●FuMO25 レーダー

06▼【改修工廠(明石の工廠)】新改修可能メニュー追加実装 改修工廠(明石の工廠)において、ある艦娘がサポートすることで、91式高射装置・25mm連装機銃などの一部対空兵装の強化改修が可能になります。

07▼艦隊の【対空戦闘システム】の更新実装 艦隊/艦娘の艦対空戦闘システムが一部更新されました。搭載した対空装備によって、艦隊防空・個艦防空戦闘がより強力に展開可能となります。高角砲・高射装置・電探・三式弾などの組み合わせによって、対空カットイン射撃も可能となります。

08▼「艦これ」2014秋イベント:期間限定海域【発動!渾作戦】の実装 2014秋イベント:期間限定海域【発動!渾作戦】を実装、作戦を開始します。【渾作戦】は、「第一次渾作戦」「第二次渾作戦」「第三次渾作戦」から三つの作戦から構成されます。

09▼「第一次渾作戦」 水上部隊編成の【連合艦隊】編制で南西方面海域の作戦海域(期間限定海域)へ出撃します。※戦艦・巡洋艦などを基幹とした第一艦隊(水上部隊本隊)に、旗艦となる軽巡と駆逐艦数隻等で編成した第二艦隊を合流させることで連合艦隊(水上部隊)の編制が可能です。

10▼「第二次渾作戦」 駆逐艦のみで編成した通常艦隊、または駆逐艦と軽巡数隻で編成した通常艦隊で作戦海域に突入します。本作戦では「第一次渾作戦」に投入した艦娘も引き続き投入可能です。

11▼「第三次渾作戦」 作戦海域において敵艦隊を誘引、これを撃滅するため、戦艦等の大型艦艇を配備した連合艦隊(水上艦隊)を出撃、作戦の完遂と敵艦隊撃滅を図ります。第三次渾作戦では、第一次~第二次で使用した艦娘戦力は投入できません。戦力の配分と温存にもご留意ください。

12▼Extra Operation 三次に渡る「渾作戦」を全て攻略した提督は、その後のExtra Operationにも参加可能です。Extra Operationでは、渾作戦に使用した戦力も含めて、全艦娘戦力を再度投入可能です。

13▼【新艦娘】の実装 防空駆逐艦「秋月」、重巡洋艦「Prinz Eugen」、駆逐艦「朝雲」が新実装されます。「秋月」は「第二次渾作戦」攻略で、「Prinz Eugen」は「第三次」攻略で入手可能です。Extra Operationでは駆逐艦「野分」が入手可能です。

14▼イベント海域の支援艦隊について 遠征によってイベント海域へ攻略艦隊を支援する「支援艦隊」を送り出すことが可能です。戦況によっては、支援艦隊も効果的に運用ください。

↑公式ツイッターより

***
野分キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

野分キタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!

野分キタ━━━━━━━━m9( ゚∀゚)━━━━━━━━!!

もうこれだけでホント今回はおなかいっぱいです。
全制覇待ったなし!
野分実装でテンションが上がったところで今回メインイベントの秋イベントについて少し。
雑感は明日に譲ります。
現在E-1攻略中ですが、これはかなりぬるくて、「これぞE-1」と言える難易度です。
連合艦隊(水上部隊)は、空母は1隻までしか編成できませんが、制空権争いはボス前1マスのみで、その他は水上艦編成です。
航空戦艦に瑞雲などを装備させて制空権争いの補助をさせればいい感じです。
扶桑姉さま改二の4スロット23機が輝きます!
戦闘は夏連合艦隊のように敵味方双方命中率が低めに設定されているようで、完全勝利がデフォルトと思える程被弾しません。
これは新規提督も大歓喜かもしれないです。
攻略についても明日に譲ります。
では、引き続き作戦遂行頑張っていきましょう!

艦これ919
↑非戦闘艦育成中

イベントも残りわずかです。
残り少ない期間ですが、各員奮起してまいりましょう!
私は現在俗に言うE-5-1育成をやっています。
ここは連合艦隊での出撃が条件ですが、最初のマスは南北どちらでも潜水艦が確定しているので、護衛艦隊が相手をすることになります。
バケツを使うこともありますが基本的に弾薬を消費しなくていいので、燃料だけで護衛艦隊のみならず機動部隊も経験値がもらえるナイスなマスになっています。
海域経験値自体はそこまで多くないですが、旗艦&MVPで1000以上もらえるので旗艦に育成艦をおけばいいカンジです。
機動部隊は交戦しないので、機動部隊としての最低条件「空母2隻」を満たしていれば残りは非戦闘艦で固めてもいいのがここの最大の売りです。

そんなカンジで今上のような艦で育成しています。
護衛艦隊は未改装艦で固め、被弾しても通常入渠で済ませればバケツにも優しく節約しながらの育成も可能です。
疲労抜きだけ考えればいいので非常においしいですね。
レア艦掘りもいいですが、残り期間はこんなカンジでゆるーく過ごしていきたいと思います。

***
ちなみに、私のレア艦掘りですが・・
あきつ丸3隻目・・大発は魅力的、しかし、資源30万到達可能なので特に必要なし。
明石2隻目・・泊地修理全艦は魅力的、しかし、バケツ3000個到達可能なのでなくても現状で問題なし。
矢矧・・主人公属性は魅力的、しかし、戦力的に急ぐ必要ないので全く問題なし。
大鯨2隻目・・お艦属性は魅力的、しかし鳳翔さんがいるので全く問題なし(軽空母的な意味では2隻目は欲しい)
むしろレア艦より、戦略的に戦艦の頭数の充実から未着任の長門が一番嬉しい、そんな状態です。
まあ、長門ならビスマルク狙いの時にたぶん出ると思うので今でなくてもいいですね。
そんなわけで、また次回のイベントで道中ドロップとして出ることを期待して今回のイベントは終了したいと思います。
半年ぶりのまともな建造が大型艦建造、しかも一発ツモだった大鳳をこのたびレベルキャップ解放しました。
夏イベントではE-6での出撃となり、後一歩まで戦艦棲姫を追い詰めたりなかなか活躍してくれました。

艦これ917
↑5-4周回ので戦果&経験値稼ぎ↓
艦これ918

運は+5となかなかの上昇ぶりで、やっと人並みになりました。
大鳳は消費が重いので消費軽減は嬉しいですね。
それにしてもジュウコンのラインナップがどんどん実用性重視になっている・・
性能厨乙!
先日無念の夏イベントE-6より撤退した私ですが、意外なところにE-6の経験が活きていました。
E-6と言えば大和型など大型艦を総動員、大破祭り、支援艦隊などで消費がハンパない海域ですが、そこに110回以上大和型2隻&フル支援で出撃した私は10万の資源を投入するハメになったわけですが・・

その出撃に(勝ちきれなかったとは言え)耐え切った我が鎮守府の艦娘たちと私は精神的にかなり鍛えられていました。

E-6攻略前:5-5キツイー!クリア辛いな・・

E-6撤退後:5-5楽すぎるwwww資源?余裕余裕wwww


魯粛提督E-6のアリエナイ資源消費に完全に耐性がつてしまいこう変わっていましたw

***
と言うことで今月の5-5出撃です。
通算は2回目、資源消費の回復が大事な時期ですが、みんなが資源回復に走っている今だからこそ少しの労力でランキング入りしておくのが小賢しい戦術マイスタイルです。
編成は王道で、削り段階は千歳型・大和型2隻・金剛型・正規空母2隻
ボス最終形態は軽空母を飛鷹型に変更して航空優勢を狙います。
当然道中・ボスともにフル支援艦隊投入です。

※TAKE2※
艦これ898
↑ボス撃破

TAKE1は潜水艦戦術でキラ消費でしたが、あえなく初戦大破してしまったのでTAKE2から通常編成で挑みます。
ここまでの演習でcond値は最高に近いのでかなり余裕を持って進めました(画像では損害が大きいですが、ボス前までほぼ無傷でした)

※TAKE3※
艦これ899
↑順調順調♪↓
艦これ900

ボス前エリレも昼戦1隻目で早くも撃沈です。
順調すぎてこわいですね。
これだけ順調だとボス戦も問題なしです。
キッチリ潜水艦以外を沈めきって勝利、3回の出撃で2回目のボス撃破です。

※TAKE4※
艦これ901
↑まさかの昼戦終了

ボスまで生き残った加賀&大鳳が的確に駆逐艦やHPが減った空母などを力を振り絞って落としてくれました。
最後ボスHPが5残ったところを大鳳の魂の艦載機攻撃が命中、7のダメージで削りきりました。
おかげで昼戦終了時でまさかのボス撃破完了です。
夜戦の消費が1回ないだけでも助かりますね。

※TAKE6※
艦これ902
↑もう最終形態へ

TAKE6にて4回のボス撃破を達成し、最終形態へと移行です。
自分でやってて思いましたが結構すごいですね。

※TAKE9※
艦これ903
↑もちろん支援も頑張ります!

道中もボスも当然フル支援艦隊です。
戦闘開始時にこんな楽な状態になっていればレ級も中破以上まで楽に追い込めるので、やはり支援は必須と言えるでしょう(なおこの後エリレマスでスナイプされて撤退した模様)

※TAKE10※
艦これ904
↑さあ踊り狂え!↓
艦これ905

最後は日本の誇り・大和がボスを撃ち抜き攻略完了です!
前回は16回かかりましたが今回は10回で終了できました。
消費資源は各1万前後と、これで戦果200なら安いものですね。
数字の詳細は明日の記事に譲りますが、資源状況はE-6撤退後、連合艦隊でE-5周回、そして5-5攻略を終えた段階でE-6撤退時より若干減ったくらいです。
一番消費した燃料でもまだ15万以上をキープしているので立て直しはそこまで難しくありません。
ここからは次のイベント突入時フル資源到達に向けた準備が始まります。
あとはイベント終了までに何度かE-5周回してまったり過ごすとしましょう。

まだイベント期間中ですが、少し早い今回の夏イベントの総括です。

※全体雑感※
まずイベントの難易度としては過去最難関と言えると思います。
多数の艦娘を育成すること・多数の資源を用意すること・強力な運など全ての要素を兼ね備えてそれでもなお完走出来るかどうかという難易度でした。
その難易度は、論外レベルのE-6を除けば初心者向けとのアナウンスがあったALサイドの方が高く、E-1とE-2は間違いなく過去最難関レベルでした。
物語的にMIサイドを後に持っていくのは当然としても、明らかに初心者向けではない前半部分に戸惑ったのはおそらく控え級で挑んだ歴戦の提督諸氏の方だったかと思います。
今後のゲームの方向性に影響を与える連合艦隊システムのお披露目をするには、どちらかというと前半に1回はチュートリアル的な海域が欲しかった気もしますが、肝心のお披露目の機会が難関海域を突破した先なのはもう少しどうにかならなかったものかと思います。
しかし、ひとたびMIサイドに目を移せば、資源の消費と引き換えに進んでいく「物量作戦」の楽しさが味わえました。
巨大戦力でジワジワ敵を追い詰めていく「米帝」プレイが楽しめる海域であり、ALサイドの運ゲーを乗り越えた提督諸氏にとってMIサイドは楽園に思えたのではないでしょうか。

※初心者泣かせのステージ難易度※

今回最も重要な要素となったのが「索敵値による羅針盤操作」でした。
しかも羅針盤を誘導するにはハイレベルな索敵値が必要で、レア度の高い電探や水偵・彩雲の数が重要でした。
そのため軽空母が烈風&彩雲キャリアーとなり、作戦に参加するも攻撃の機会がなかったり、駆逐艦は電探ガン積みしないと索敵値が足りないなどのかなり窮屈な編成にせざるを得ませんでした。
特に編成の縛りの影響が大きいALサイドに顕著で、艦娘がその艦に求められる役割をなかなか果たせなかったのもマイナスポイントだったと思います。
索敵値などまだ考える必要のない通常海域を攻略している段階の提督にとってはちょっとあんまりな仕様ではなかったでしょうか。むしろALサイドはそう言う提督が対象だったはずですが・・

※新機軸・連合艦隊※
今回より実装された新システム・連合艦隊ですが、なかなかに良いシステムだったと思います。
空母機動部隊と水雷戦隊が必要なので育てた小型艦にも重要な役割が与えられました。
多数の艦が入り乱れる戦闘なので大破撤退率が上がるのではと危惧しましたが、命中率は通常の艦隊戦より低く設定されているようで思ったほど撤退することは少なかったです。
仮に大破しても「護衛退避」のおかげで戦力低下と引き換えに進撃することができるようになったのも好印象です。
ただし、2隻大破したものを護衛退避で2隻退避させられるものと解釈した挙句1隻大破艦が残って轟沈してしまった例が報告されているように、万能ではないので要注意です(勝利判定に不利に働くなど)

12▼新システム【護衛退避】について 第1艦隊旗艦に「艦隊司令部施設」を装備した【連合艦隊で出撃】し、その構成艦が「大破」した場合、随伴護衛艦隊の健在の駆逐艦を1隻護衛につけて戦場から退避させる【護衛退避】が実装されます。激戦下での艦娘喪失防止にご活用ください。
↑公式ツイッター関連部分・1隻だけ退避とは書かれてない

※新機軸・二正面作戦※
二方面同時進行を描くイベントなので、片方の海域に出撃した艦はもう片方の海域に出撃できないようになりました。
これにより艦娘を編成する楽しさが加わりました。
以前のような一部の良性能艦にバケツぶっかけて強引に進撃するスタイルでは突破は難しく、いかに戦力を割り振ってクリアしていくか提督の手腕と日頃の艦隊全体の育成がモノを言う仕様です。
反面、編成を間違った場合や、誤って支援艦隊を本作戦に参加させて参加ラベルを貼られた場合など、救済措置が一切ないのが辛いところです。
それによって海域攻略をやる前から諦めざるを得ない状況になるのは少し気の毒な気もします。
確認をしてこそ提督なのでしょうが、人間誰しもミスはありますしね・・
特に交代要員の多い駆逐艦などならまだしも、正規空母や戦艦などのミスはその後の戦術に大きな影響を与えるので、以前より情報収集の重要性が一層高まりました。
今後は海域攻略履歴と引き換えに編成ができるようになるとか、何かしらペナルティを負ってでもやり直せる仕様になることを期待します。

※エクストラステージ※
今回のイベントで言えばE-6が相当しますが、明らかにそれまでの海域の難易度を超越する鬼畜難易度でした。
暇を持て余した提督の遊び場と言った位置づけでしょうが、全てにおいてハイレベルな実力が試される海域となっています。
個人的には資源を10万消費してクリアできない海域もどうかとは思いますが、報酬はその後の戦略に影響を及ぼさない、交代の効く駆逐艦なのでこの難易度でも仕方ないかなとは思います。
これが戦艦とかそのイベントの目玉艦クラスだと批判が大噴出しそうなのでw
今後もエクストラステージは「全資源消費上等」な覚悟がないと突破できない位置づけとなる可能性が高そうです。

※今後の展望※
今回連合艦隊が実装されたことで、今後の通常海域やイベントでも連合艦隊を動かす作戦が実装される可能性が非常に高くなったと言えるでしょう。
そこで重要になってくるのが普段からの備蓄となってきます。
今回E-5までだけでも順調にクリアして各資源5万程度は必要だったと思います。
その後のエクストラステージやレア艦掘りまで考えると今までの見積では全く足りない状況になります。
夏イベントMI作戦は、史実の結果は大敗でしたが戦力的には圧倒していました。
これから実装されるであろうイベントが史実を反映したものならば、むしろ何倍もの戦力を相手に劣勢の中で連合艦隊を動かす作戦になると予想します。
つまり、今回のように撤退が少ない作戦ではなく、連合艦隊であろうと容赦なく大破撤退が相次ぐ難易度になってもおかしくありません。
そうなると通常ステージをクリアするだけで10万単位の資源が必要になるかもしれない・・と邪推せざるを得ません。

今後のイベントモデル予想海戦
レイテ沖海戦:エンガノ岬沖海戦・シブヤン海海戦・スリガオ海峡海戦・サマール沖海戦の4局面による4正面作戦+連合艦隊戦
捷号作戦:史実は捷一号作戦(レイテ沖海戦)のみで二号~四号作戦は発動されなかったが、if作戦として実装もアリかも。史実で発動されなかった捷二号~四号の3方面作戦
マリアナ沖海戦:キーワードはアウトレンジ戦法とマリアナの七面鳥撃ち。敵側の新装備実装(VT信管)によるボーキマッハな連合艦隊戦
坊ノ岬沖海戦:戦艦・大和の最期の海戦にして帝国海軍最後の大型水上艦攻撃作戦。圧倒的航空兵力を相手にする劣勢下での連合艦隊戦

などなど。
もうどれをとっても資源も毛髪も死滅する未来しか見えませんね・・

***
今回のイベント、完走できなかったことで個人的にかなり残念なイベントとなりましたが、多くの艦娘を動員できたので楽しめたイベントでした。
簡単ですがこの言葉で今回のイベントの総括とさせていただきます。

俺たちの戦いはこれからだ!
2014.08.17 E-6攻略
さて、ここからが地獄のE-6となりますが、巷の情報を集めるとかなりの運ゲーとのことで、リアルラックがラバウルの女神並の魯粛提督にとって早くも厳しい様相を呈してきました。
しかし、資源にものを言わせて物量作戦で行ってみますよ!

と言うことで、もう説明は不要な鬼畜ステージなので、ダイジェストで送ります。
編成は鉄板構成と言われる北上旗艦でのカットイン期待、大和型2隻での攻略です。

***
艦これ・夏E-6①
↑ボス初到達は2戦目

艦これ・夏E-6②
↑ますはゲージ削り

艦これ・夏E-6③
↑初ボス撃破は6戦目

艦これ・夏E-6④
↑ボスA勝利でまるゆゲット

艦これ・夏E-6⑤
↑軽空母を旗艦に置いたり試行錯誤

艦これ・夏E-6⑥
↑ゲージ削り中で初S勝利

艦これ・夏E-6⑦
↑新艦娘着任

艦これ・夏E-6⑧
↑削り中はS勝利はできる

艦これ・夏E-6⑨
↑Wダイソンの時間だあ!

ここまでで約30戦、支援艦隊は道中・ボス共にフル稼働です。
大型艦編成なので資材の消費がマッハでしたが、削り段階ではなかなか順調でした。
最終段階の戦艦棲姫2隻になってからが勝負です!
ここからが本当の地獄だ・・

***
ここから、魯粛提督苦難の道が始まります。
出撃のたびに大破・ボス撃破ならずのパターンが続きます。
また、北上もカットインがなかなか出ず、出ても僚艦にダイソンされたりと苦戦が続きます。
なにより私を苦しめたのが潜水艦マスでの戦術的敗北でした。
どうでもいいはずですが、敗数にもこだわる私としては、この戦術的敗北が一番堪えました。
その苦痛に耐えながらの出撃ダイジェストです。
では、レッツダンシン!

艦これ・夏E-6-10
↑支援も惜しまず

艦これ・夏E-6-11
↑これが日常茶飯事

艦これ・夏E-6-12
↑時には目も当てられない大敗も

艦これ・夏E-6-13
↑いろんな編成も試しました

艦これ・夏E-6-14
↑ああ無情

様々な編成を試しましたが、どうやら私には北上カットイン戦術はすこぶる相性が悪いようで、途中から夜戦ルートを試したり正規空母を入れたり試行錯誤しました。
しかし、どうしても旗艦だけが残ってしまいます。
増え続ける潜水艦マスの戦術的敗北に辟易していた私は、資源の残りが15万に近づいたところで、大きな決断をしました。
ゲージを削りきってから約80戦、ボス到達は計35回程度、それだけやって結局旗艦を一度も撃ちぬけないのはもう実力云々より単に運と縁がなかったと、ついに魯粛提督E-6攻略より撤退を決断しました。

艦これ・夏E-6-15
↑E-6撤退時最終的資源残量

イベントは今回だけではない、次回を見据えた運用も大事な仕事です。
撤退する勇気もまた提督に必要な要素と自分に言い聞かせます。
敗退は悔しいですが、E-6だけで最高10万に及ぶ資源を消費できたのはそれなりに爽快でもありました。
運も実力のうち、その意味では私には実力が足りませんでした。
次回イベントには完走できるよう仕切りなおしていきます。
これからE-6に挑む提督は頑張ってください!
そしてこの難関をクリアできた提督はまぎれもなく実力と幸運に恵まれた勇者です。
こころからの賛辞を送ります。
私自身はイベントをほぼ終えたので、残りの期間は資源を回復しながら連合艦隊を楽しんでいこうと思います。
まだイベントは続きますが、それぞれの作戦を展開していきましょう!
2014.08.16 E-5攻略
MIサイドもいよいよ佳境のE-5です。
ここは夜戦マスがあるのでMIサイドでも撤退率の高い海域となっています。
そこで、今回より導入された「護衛退避」で夜戦撤退率を下げる戦術を取るべく、E-4より大淀を旗艦に据えて育成をしてきました。
演習なども利用して、改装を目指します。

艦これ・大淀改
↑大淀→大淀改↓
艦これ・大淀改②

艦これ・大淀改③
↑連合艦隊旗艦・大淀改

軽巡では夕張以来となる4スロット艦です。
夜戦連撃を維持しながら対潜装備を載せたり、ドラム缶ガン積みさせたりと、何かと出番の多い役回りです。
夕張と違ってステータスも高いので、このへんは流石にイベント報酬連合艦隊旗艦の面目躍如と言ったところでしょうか。
では、準備も整ったことなので早速出撃です。

艦これ・夏E-5①
↑ニクイあんちくしょう

ボスはカッコイイおねえさんです。
新艦載機がイタすぎる!
E-6でトラウマになるのはもう少し先のお話です。

艦これ・夏E-5②
↑護衛退避

新システムの護衛退避画面です。
意見具申とあるので、そのうち「旗艦を狙え」や、「数を減らせ(耐久が低い艦から狙う)」など、戦闘のAIに影響を及ぼす意見具申ができるようにならないかなあ、と思います(割とマジで)

艦これ・夏E-5③
↑制限も

護衛退避して艦が減ったことにより第三警戒航行序列を維持できなくなりましたが、道中は第四警戒航行序列で問題ないのでペナルティとしてはまあ軽いほうですね。

艦これ・夏E-5④
↑心臓に悪し

護衛退避すると艦娘がグレー状態に。
轟沈に見えて心臓に悪いですね・・

艦これ・夏E-5⑤
↑クリアに支障なし

夜戦火力が単純に2隻分落ちるので、そのぶんは仕方ないですが、削り段階ならダメージさえ通ればゲージが減るので問題なしです。
相手は陸上兵力でないので重巡系の離脱もそれほど大きな影響はありません。

艦これ・夏E-5⑥
↑帰還後

護衛退避させた艦は、コンディションに関係なく赤疲労してしまいます。
無論キラキラ状態からでもこうなります。
護衛された側はバケツを使えば最低限疲労は取れますが、護衛艦はしばらく休ませたほうがいいので、駆逐艦のローテーションはさせたほうがいいかもしれません。

艦これ・夏E-5⑦
↑めでたし

作戦中に飛龍がレベル99になりました。
俺、飛龍とイベントが終わったらケッコンするんだ・・

艦これ・夏E-5⑧
↑夜戦も突破して

護衛退避のおかげで、ほぼ撤退することなく作戦は進み順調にボスを削っていけました。
護衛退避がなければ10回近くは進行が遅れていたかもしれません。

艦これ・夏E-5⑨
↑ドーン!

ボスも問題なく撃破し、これでMIサイドの攻略、完了!なのです!

艦これ・夏E-5-10
↑雲龍

正規空母・雲龍着任です。
今までとは一風毛色の変わった艦娘ですね。
衣装は雲と龍のイメージですね。

艦これ・夏E-5-11
↑大本営慢心

二正面作戦中に手薄な本土を突かれるなんて、どんだけ致命的な慢心なんですかねえ・・

艦これ・夏E-5-12
↑E-5攻略時資源

MIサイドまででひとまずは作戦としては終了ですが・・
ちょっとおかしい難易度のE-6への出撃が可能となりました。
もちろん、私も行きましたよ!

ただ魯粛提督はこの後起こる悲劇をまだ知らない・・
2014.08.15 E-4攻略
E-4からは艦隊司令部施設を導入するために新規着任の大淀を旗艦に据えて経験値稼ぎをしながら進んでいきます。
ここは巷ではあきつ丸を編成していれば初手南ルートが固定できるというものでしたが、どうやら私は相性が悪く2マス目がどうしても潜水艦マスにそれてしまうので、結局駆逐艦4隻ルートにしました。

艦これ・夏E-4①
↑攻略初期

まだ序盤の方は情報が出回っていなかったため手探り状態でした。
潜水艦マスから北にそれることが多く、羅針盤に泣かされました。

艦これ・夏E-4②
↑!!

ボスS勝利であきつ丸ゲットです!
大発うれしい!!

艦これ・夏E-4③
↑時計回りルート


艦これ・夏E-4④
↑セリフ変わる

駆逐艦4席編成にしてからは比較的楽にあと一撃のところまで減らせました。
E-3から見れば羅針盤が強い海域ではありますが、それでもストレスが溜まるほどではありません。

艦これ・夏E-4⑤
↑クリアは目前

さあ、あとは夜戦で落とすだけだ!

艦これ・夏E-4⑥
↑・・

もう1回遊べるド(ry
まさか全員カスダメとは・・OTL
気を取り直してもう一度です。

艦これ・夏E-4⑦
↑今度こそ!しかし硬い↓
艦これ・夏E-4⑧

昼戦までは楽に行けます。
問題は三式弾装備の利根までどれだけダメージのリレーを繋げるかです。

艦これ・夏E-4⑨
↑ふぅー

終始優勢に進めながら、結局最後の利根まで回ってしまいましたが、なんとか落としきれました。
陸上兵力相手に三式弾持ち1人だとやはりパンチ力に欠けますね。
駆逐艦4隻ルートはこれがネックです。

艦これ・夏E-4-10
↑SUMOU教導官!?

新駆逐艦・時津風着任です。
服のダブダブ感が巻雲を連想させます。

艦これ・夏E-4-11
↑E-4クリア時資源と参加艦艇↓
艦これ・夏E-4-12

MIサイドには史実のリベンジを果たすべくミッドウェーで喪失した4空母を参加させました。
随伴にもレベルの高い我が鎮守府のエースたちを投入しました。
これ以外にもレベルが低い駆逐艦やあきつ丸など、表に入れなかった艦が6隻いるので、計19隻参加しました。
E-6用の大和型や支援艦隊用の軽空母も最低限の使用にとどまっているので順調と言えるでしょう。
2014.08.13 E-3攻略
ここからは連合艦隊を動かすMIサイドです。
新機軸の連合艦隊は、第2艦隊を護衛艦隊として第1艦隊の随伴部隊として編成します。
護衛艦隊は基本的に重巡以下の小型艦で編成されます。
消費資源もそれに伴い多くなるので、資源量がモノを言います。

艦これ・夏E-3①
↑爆乳要塞

MIサイド最大の特徴は、兎に角楽しいことです。
初めての連合艦隊戦ということで難易度も(資源さえあれば)緩く、大破撤退が少ない非常にやりやすい海域です。
十分な索敵値を確保できれば支援艦隊も不要なぐらい順調に進めるはずです。
ということで早速行ってみましょう!

艦これ・夏E-3②
↑順調に初ボス

道中は航空戦がメインなので、相手の戦艦も怖くありません。
そのぶんボーキ消費が激しいですが、元々余りがちな資源なのでどうと言うことはないでしょう。

艦これ・夏E-3③
↑新ボス

今回より登場の空母棲姫です。
相変わらず敵デザインカッコイイ!
敵側には新艦載機も登場です。

艦これ・夏E-3④
↑撃破!

第2艦隊が夜戦戦力としての働きを持っているため、配置が重要です。
陸上兵力用に三式弾装備の重巡または航巡を下に配置するのがポイントです。
重巡ポジションは海域クリアの要となったと言えるでしょう。

艦これ・夏E-3⑤
↑捕鯨完了

まさかの大鯨着任です!
この楽さで大鯨が手に入るなら、周回、十分ありですね。

艦これ・夏E-3⑥
↑そう言えば・・

今回敵側に4隻編成での輪形陣(?)が。

艦これ・夏E-3⑦
↑楽!

特に大きな事故もなく順調にボスを削ってかーらーのー

艦これ・夏E-3⑧
↑勝!

余裕の勝利!です。
連合艦隊楽しすぎてやばいです。
通常海域でも連合艦隊を動かす海域が欲しいなーと思いました(小並感
報酬は以下の新装備です。

艦これ・夏E-3⑨
艦これ・夏E-3-10
艦これ・夏E-3-11

資源を貯めてて本当に良かったと思える瞬間です。
純粋に楽しめる、これぞイベントですね!
申運N(申し訳ないけど運ゲーはNG)ですマジで・・
ALサイド:たまにボス到着
MIサイド:たまに大破撤退
2014.08.12 E-2攻略
イベント最初のマップとは思えない難関海域(運ゲー)を辛うじて突破した魯粛提督。
お次はE-2となり、陸上兵力との大戦となります。
E-1は何かの間違い。
きっとE-2はE-2らしくそこそこ気楽に突破できるでしょう。
そう考えていた時期が私にもありました。

○条「カカカ‥‥‥‥!
ところがどっこい‥‥‥‥夢じゃありません‥‥‥‥!
現実です‥‥‥! これが現実‥!


と言うことで魯粛提督のもがきっぷりを眺めてメシウマしてください。

***
艦これ・夏E-2①
↑初戦でボス前到達

まずは重量編成で進みます。
E-1で投入した2隻の戦艦、陸奥・日向を基幹部隊として順調に進みます。
潜水艦マスがあったのでここがどうやらお祈りポイントでしょうか(なおボス前で大破して撤退しました)
この後10回出撃しても戦艦や潜水艦の攻撃で全て途中撤退となったので、ここは厳しいと判断して駆逐艦を2隻編成して南ルートに変更です。
どうやら索敵がかなりシビアとの事で、駆逐艦の雷・電には電探をガン積みします。
とりあえず「ほぼ」ボスまでは固定できたので、あとは試行回数の問題なのですが・・
紙装甲の艦が多く撤退、撤退、また撤退で資源も精神もガリガリ削れていきました。
ボス未到達で既にE-1の出撃回数に迫る勢い・・これはやばい!

***
支援艦隊はエコ編成でしたがガチ編成に変えました。
すると状況が一変しました。
戦艦なども落としてくれることが増え、かなり安定してボスに到達できるようになりました。
支援艦隊やっぱ頼りになります!

艦これ・夏E-2②
↑順調に削れ!削れ!↓
艦これ・夏E-2③

そして、約半分削ったところで・・

艦これ・夏E-2④
↑おおおおおおおお

Ура風キタ――(゚∀゚)――!!
捕鯨などほとんどしなかったので、今までなかなか邂逅する機会がありませんでしたが、ここでキタ!
広島人としては浦風は是非とも欲しかったので嬉しい出撃となりました。
そしてさらに進撃は続きます。

艦これ・夏E-2⑤
↑最終形態へ

とうとうゲージも残りわずか。
次にここへ来た時は最終形態となるはずです。
最終形態の姫は耐久が500に上がるので、火力重視で最初の戦艦2隻体制で一発突破を目指します。
今回は道中もボスもガチ編成で支援艦隊を出します。
すると、支援艦隊のおかげでボスまで一発でたどり着けました。

艦これ・夏E-2⑥
↑ロリ姫が立ったー

いよいよ最終決戦、ここで決めますよ!
さあ、支援艦隊よ、やっておしまい!(雑魚感
艦これ・夏E-2⑦
↑マジかww

支援艦隊グウウウウウウウウウッジョオオオオオオオブ!!!
支援艦隊の獅子奮迅の活躍でイヤが応にも突破の期待が高まります。
夜戦にて、三式弾4隻が順にダメージを積み重ね・・

艦これ・夏E-2⑧
↑ε=\_○ノ イヤッホーゥ!

やっと・・やっとE-2クリアです!
加古さんカッコイー!

艦これ・夏E-2⑨
↑最後の連合艦隊旗艦

今回の目玉艦である軽巡・大淀さん着任です。
艦隊司令部施設は連合艦隊戦でかなり役立つので期間中に育成位して装備を手に入れたいですね。

艦これ・夏E-2-10
↑E-2クリア時資源状況

前半がかなり長時間かつ撤退続きで支援艦隊の消費がかなり激しかったです。
この海域だけで1万以上の資源を消費しました・・
ホント要領が悪くて我ながら困ります。

***
装備はE-1と同じく索敵値に気を配ったものとなりました。
特に駆逐艦は電探ガン積みでしたが、ボスには割合ダメージが入るので意外と火力不足は気になりませんでした(これ重要)
参加艦艇もE-1と同じ艦を使っているので10隻のままです。

艦これ880

***
これにてALサイドは終了です。
結局10隻の出撃で、各艦種レベルが低い艦から優先的に使っていたのでMIサイドに主力を投入できます。
運ゲーを除けば、資源消費やバケツなどではなく、疲労抜きが最大の壁でした。
さあ、次はいよいよ楽園のMIサイドへの出撃です!
2014.08.11 E-1攻略
艦これ・夏E-1①
↑高揚感

いよいよイベント海域へ進出です。
期待と不安が入り乱れて、ある種の高揚感があります(ただしすぐに笑顔が消え失せた模様)
いざ出撃!











だあーーーーーー!
潜水艦マジうざい!
夜戦マジうざい!!
フラルマジうざーーーーーーい!!!


おっと取り乱し失礼しました。
それぐらいお祈りポイントが多い海域でした。

艦これ・夏E-1②
↑ここまでに数々の撤退が

基本的に南ルートで進撃しましたが、各所にお祈りポイントが存在するのでリアルラックが陸奥並な私にはかなり突破が難しい海域でした。
結局ボス前進出に10戦、初ボス撃破から次の撃破まで4時間以上たどり着けない体たらくです。
しかしここで支援艦隊を投入してやっと戦いが安定してきました。
そう言えば、各作戦の出撃判定がどうなのか大いに興味があるところでしたが、出撃した時点で判定されるようです。

艦これ夏E-1⑤
↑作戦参加判定済

作戦に参加するとこのようにラベルが貼られてもう一方に参加できなくなるようです。
間違えて支援艦隊を出撃させて判定を喰らうケースもあるようなので、出撃の際には細心の注意が必要ですね。
それによって一気に戦略が狂うことも考えられます。
指差し!確認!確実に!

艦これ・夏E-1③
↑S勝利!

艦これ・夏E-1④
↑A勝利(ノ∀`)アチャー

艦これ・夏E-1⑦
↑S勝(ry

艦これ・夏E-1⑧
↑Sしょ(ry

艦これ・夏E-1⑨
↑Ss(ry

艦これ・夏E-1-10
↑S(r・・じゃなくて撃破ー

と言うことで支援艦隊を投入してからはかなり撤退率が低くなり、ボスまで到着してしまえばまずゲージ削りは間違いないレベルです。
1回だけA勝利でしたが、ボスは全て撃破しているので最短6回のボス到達で終了できました。

艦これ・夏E-1-11
↑春雨ゲット

今回のE-1はかなり厳しかったですね。
ローテーションするとMI以降に参加できない艦を増やしてしまうので固定のメンバーを使わないといけないことから、疲労抜きの時間がかなりきつかったです。
有り余るバケツにモノを言わせて、むしろ被弾してくれたほうがバケツからの回復で最低限の披露が抜けるので、「とりあえずカスダメでも被弾してください」なんて思ったりも。
前半情報が少ない中での突撃だったので資源も出撃数も多めで各8000弱、バケツも80個ほど使いました。
各所ではもっと効率的に進んでいる人も多かったようで、魯粛提督の迷指揮っぷりが浮き彫りになった海域でした。
もう二度と来ないのでいいですけどね!

と言うことでここまでの参加艦艇です。

艦これ880
↑青色が参加艦艇

見事に各艦種のレベルが低い艦から選定しています。
龍驤と隼鷹は史実に合わせて初めから参加させるつもりでいましたが、龍驤が改二になっていればもっと楽に突破できたんじゃないかと思うと若干慢心だったかもしれません。
駆逐艦はこの表では以下多数に入っている雷と電を投入、更に北ルートの検証で控え雷巡の北上を投入したので合計10隻の使用でした。
この10隻を中心にE-2も進めていきます。
さて、イベント開始から1日以上経過し、早くも最終海域の攻略が終わった提督もいるとか。
世の中広いですねえ・・
私自身はまだE-3ですが、かつてない激戦に一喜一憂しながらも楽しんでいます。

wikiやブログ、ツイッターなどの情報が主なソースなので不確かな情報もあると思いますが、速報版で各作戦海域における「後の作戦に温存しておきたい艦娘」について記しておきます。
あくまで終盤海域を見据えているので、ALサイドまでと決めているならすべての艦娘を動員して全力投球すればいいです。

※MIサイド※
史実で4隻の正規空母を失ったことから鑑みて、過去を乗り越えるべく赤城・加賀・蒼龍・飛龍を編成して戦っている提督は非常に多いと思います。
その史実をなぞるように、正規空母はできるだけ残しておきましょう。
比較的新規の提督でも連合艦隊が組める2隻の空母は確保できると思うので、連合艦隊の戦いに慣れておくためにもE-3用に最低限空母をのけておくことを推奨します。
今後レイテ沖海戦や天一号作戦などをモデルとした、連合艦隊を用いた作戦が実装される可能性が高いと思います。
個人的にはレイテ沖海戦をモデルとしたイベントが実装され、3方面作戦が展開、更にスリガオサイドで逆連合艦隊相手の死地に飛び込むような作戦も・・うっ・・頭が・・
E-3はそれまでのE-1,2に比べるとはるかに楽なので、ALサイド完遂を目標にしている提督諸氏もこの機に慣れておくといいでしょう。

連合艦隊第1艦隊に所属させる空母は軽空母・正規空母どちらでもいいみたいですね。
更に護衛艦隊の第2艦隊用にレベルの高い水雷戦隊、できれば改二艦はMI作戦で投入しましょう。
艦隊の目(索敵要員)に航巡2隻があればなお良しです。
エクストラステージを見据えると、大和型戦艦や2隻以上軽空母はここでは温存しておきたいところです。

推奨艦
大和型以外の戦艦2隻くらい
空母2~4隻
レベルの高い軽巡・駆逐艦
航巡2隻

※ALサイド※
史実では軽空母と水雷戦隊での作戦となったALサイドですが、やはりそれらの艦がキーとなっています。
なので、軽空母2隻、重巡2隻、駆逐艦2隻は最低限確保して、戦艦と正規空母は温存しておきましょう。
航空戦艦は特に後半海域のルート固定に関わっていないと見られているので、ボス時の火力要員として連れて行ってもいいと思います。
索敵値の高いとねちく姉妹をどちら側に参加させるかは悩みどころですが、意外とALサイドの探索値ラインが厳しいと思ったのでお好みでいいと思います。

※EOサイド※
ここでは戦艦に加え、軽空母がルート固定に関わっているらしいです。
よって、支援艦隊も併せてかなりの軽空母を残しておいたほうがいいと言えます。
AL作戦でも軽空母が2隻はいりそうなので、序盤海域でローテーション用に軽空母を5隻も6隻も投入しているといざEOサイドで不利な常用になる可能性があります。
後半海域まで攻略するなら空母系と航空戦艦以外の戦艦はできるだけ温存するのがいいようです。

***
あくまで1日経過時点での各所の情報から得た雑感なので、間違いはもちろん今後更なる最適解が見つかるでしょう。
参考程度の認識でお願いします。
自分がどの海域まで攻略するかで戦力の割き具合は変わってきますので、自分なりに目標を立てて計画的に運用してみてください。
2014.08.09 E-2追記
現在E-2進行中ですが、支援艦隊の重要さを思い知らされる海域となっているようです。
私自身はエコ編成で道中支援だけでしたが、どうも道中の突破率が悪く4時間でボス1回到達のみでしたが、道中をガチ編成に変えたとたん突破率が向上しました。
エコ編成だと2隻程度しか落とせませんが、ガチ編成だと3隻落とす可能性がある。
たかが1隻の違いですがこれが実に大きい差になって現れてきました。

まあ、普通に考えたら当たり前ですけどね。
E-2で詰まっている人はぜひ参考にしてください!

2014.08.09 E-2攻略難航中
E-1をやっとクリアして「次は少しは楽な海域かな」とか思っていたちょっと前の自分をぶん殴りたい気分ですこんばんは。
E-2が楽?誰がそんなことを決めたんでしょうか。
もっとキツイ海域でした。
現在疲労を抜きつつ慎重に進撃しているので時間の割にまだ10回程度の出撃数ですが、ボスに1回たどり着いてカスダメのみといった惨状です。
とりあえずここも支援艦隊は必須ぽいカンジですが、一応ボスまではたどり着けるのであとは試行回数だけです。
その試行回数がE-1を超えそうな勢いなだけです・・

ルート的には北より南のほうが消費資源が軽いですが、体感どちらもキツイです。
輪形陣でも敵はガンガン命中させてくるので大破撤退が続いて艦娘の疲労がたまる一方です。
こういう時にローテーションさせればいいのですが、ALサイドを以下に戦力温存しながら通過できるかがイベントのキモなので、ぐっと我慢です。
ALサイドを最初の1週間で抜けるくらいの気分で挑むのがいいですね。

とりあえずもう少し攻略してみます。
さて、既にログイン地獄も収まりつつあり、今日から本格的にイベントに参戦する方も多いでしょう。
そこで、今ある情報と、自分の出撃経験からE-1について簡単にまとめてみました。

疲労抜きの間に書いているのでまた状況が変わってきますが、メモがわりです。
まだ情報が出回っていないので間違っている可能性は大きいです。
ご了承ください。


***
艦これ北方AL海域地図
↑北方AL海域地図

どうやら戦艦を編成していれば南ルートに行くようです。
重巡・軽空母・駆逐艦各2隻でいけば北ルートでしたが、2マス目が夜戦マス(B)だったので早々に断念しました。
この夜戦マスは(C)より強いです。
北には巡洋艦や軽空母・駆逐艦を2隻編成しましたが、この編成だと3回出撃して3回北に行きました。

南は祈りポイントが3箇所もあるので結構大破撤退が続きます。
(A):エリート潜水艦の単縦陣からの開幕雷撃が厳しすぎます。
ここはキラ付けか祈るしかないところですね。
1-5をやっているなら単縦陣の開幕雷撃がどれだけ面倒くさいか理解できていると思います。
なので、ここは昼戦終了時に中破以上に追い込んで雷撃させないことがポイントとなります。
対潜攻撃ができる駆逐艦を編成するなら何度か出撃して装備を調整しましょう(私自身やってない)
単横陣で突破する場合潜水艦は無力化できても水上艦が残ってしまうので支援艦隊で散らすのがいいかもしれません。
軽空母の対潜攻撃はたかが知れていますが、航空戦艦など編成すれば瑞雲系のダメージもバカにならないので有効です。
現在私がやっている戦術は単横+支援艦隊です。

(C)夜戦マス
第2のお祈りポイントです。
上2隻が驚異なので、なんとか中破で踏みとどまってくれるよう祈りましょう。
実質夜戦要員が4隻なので、1隻でも夜戦要員が大破食らうと戦術的敗北になりやすいです。
キラ付け、祈り、あとは運です(投げやり感

(D)フラグシップマス
第3の祈りポイントです。
軽空母と侮っているとせっかく夜戦を中破で踏みとどまっても蓄積ダメージで大破してしまいます。
やはり支援艦隊で少しでも数を減らすのがいいと思います。

(E)ボスマス
ここまできたら楽勝の部類です。
潜水艦もいないので単縦陣で安心してぶっ潰しましょう。

***
現在やっている編成です。

戦艦
航空(瑞雲系2スロット)
重巡×2
軽空母×2

索敵値約320

気づいたことがあればまた別記事で上げていきます。
明日は11時のメンテでイベント海域終了、と言う事で実質本日が最終日となります。
既にイベント海域をクリアした提督諸氏に於いても、最後の力を振り絞って作戦を展開している提督諸氏に於いても、泣いても笑ってもあと1日です。
今回は春イベントの総括と雑感です。

※雑感※
ボスゲージ回復
まず、今作戦の大きな仕様として、「ボスゲージの時間回復が無い」があります。
これにより時間と精神的な余裕ができました。
ゲージ回復があるイベントでの重要な要素は、短時間でどれだけの戦力を集中・投入できるかと言う「瞬発力」が求められましたが、ゲージ回復が無い今イベントでは、少しづつでも削っていけば一定の戦果を挙げられる「継続力」となると思います。
(無論最後落とし切るだけの戦力は必要ですが)

資源管理が容易に
資源備蓄に於いてもこの仕様は影響を与えており、ゲージ回復下に於いては自然回復量より回復速度の方が高いので攻撃を畳み掛けたほうが良い場面も多かったですが、今イベントでは2週間の自然回復量を十分考慮できました。
そのため、資源上限あたりでイベントに突入しても2週間の自然回復量約2万そのまま資源量として計上できたはずです。
今後のイベントでゲージ回復がどうなるかはまだわかりませんが、資源備蓄は自然回復を利用するに値するとなっただけでも大きな助けになるでしょう。

新機軸の有効利用
今イベントより索敵機周りに新機軸が追加されました。
これにより従来の雷巡頼りの火力戦が変化し、空母と水上艦の連動がより一層重要になりました。
制空権下に於ける大型艦種の砲撃戦は戦局を有利に運ぶだけの戦術として確立でき、今後空母の重要性は一層高まるものと考えられます。
しかしながら敵にも適用されるため、出撃海域の敵空母の有無で損害が増える恐れがあるので、海域の敵編成に合せた艦隊編成も必要となります。
今作戦に於いても戦術上重要な要素でした。
何より、この仕様により重巡がダメージソースとして計算できるようになったのが非常に大きいですね。

潜水艦削りの終焉か
過去イベントでの亜種の攻略法として、潜水艦を運用する事でゲージを削る戦術が存在しました。
今回最深部海域に於いては潜水艦を編成するとルートを外れるようになったため、この戦術が通用しなくなりました。
潜水艦を運用して攻略する目的は一つで、資源消費を抑えようと言うものです。
今後この戦術が通用しなくなる可能性もあるので、資源はやはり余裕を以て運用した方が良いでしょう。

***
※総括※
今イベントはゲージ回復や索敵機など新機軸を有効活用する事で海域攻略の助けとなるほか、今後の通常海域に於いても戦術の変化をもたらすだけのインパクトのある仕様でした。
反面、その代償として敵戦力の強化や反復出撃数が多かったりと相応の難易度にはなりましたが、ルート固定ができたので秋イベント程の鬼畜さはありませんでした。
また、適切な編成を心がければルートをそれないので、「お仕置き部屋」のストレスがなく純粋に戦力の大きさが結果につながりやすかった気がします。
今までの運要素の強さが緩和され、艦隊の強さで突破できるため、(報酬の内容云々より)削り合いを楽しむ事が出来たのが非常に良かったです。
秋イベント以前にあった「(時間や資源に)追い詰められている感」がなく、艦娘の練度、開発してきた装備、準備した兵站が結実した末の勝利を味わえるので、個人的に非常に満足度の高いイベントとなりました。
今後のイベント海域では、ボスゲージ回復なしを基本に、歯ごたえのある戦闘消耗戦を楽しみたい提督ドS諸氏用に報酬内容が良くなる「ボスゲージ回復あり」を選べると良いかもしれませんね。
いよいよ春イベント最終ステージの攻略に入ります。
既に情報が出回っているので他提督様のブログやwikiで情報収集をして編成と装備を吟味します。
このステージでは、まず高速艦と低速艦を混合させる事でうずしおを回避できます。
また、正規空母3隻で3戦目が上ルートで固定できるそうです。
一般的には大和型または長門型戦艦を低速枠、正規空母3隻と金剛型戦艦を基本に編成するのが安定するようですが・・

艦これ626
↑低速戦艦とは言っていません

低速は何も大和型や長門型戦艦だけではありません。
とりあえず低速を入れて正規空母3隻にすれば比較的楽なルートが固定できるので、低速枠に鳳翔さんを編成してみました。
ただでさえ難関と言われるE-5、空母4隻での攻略が無茶なのは承知です。
でも、秋イベントのようにルート固定上全く出番がないならともかく、鳳翔さんを使っても固定するのに問題が無いなら使いたいじゃないですか!

※TAKE1※
艦これ627
↑レッツパーリィ!

と言う訳で進撃開始!
今回E-5攻略に当たって、道中・決戦ともに支援艦隊を出しています。
有り余る資源を惜しみなく投入して鳳翔さんを徹底サポートです!

艦これ628
↑順調順調

お祈りポイントの2戦目もほぼ無傷で突破です。
緒戦から調子いいようです。

艦これ629
↑初ボス

最初の出撃で見事ボスまで到達できました。
意外とイケる!?

艦これ630
↑ですよねー

しかし、航空攻撃が当たらないのなんの、フルボッコにされてしまいました。
支援攻撃が全ミスで浮遊要塞を1隻も沈められなかったのも痛いです。
完膚なきまでにやられた緒戦となってしまいました。
しかし、まだまだいきますよ~!

※TAKE3※
艦これ272
↑キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

3回目の出撃で初のボス撃破達成です!
霧島ネキさん素敵です!(陰に隠れていますがちゃんと鳳翔さんも無傷で生き残っています)
一応この無茶編成でもイケる事が確認できましたが、たまたまダメージソースの金剛型2隻がたまたまボスを狙っただけなのでかなり不安定です。
この後もこの編成で何度も出撃しましたが、これ以降この編成ではボス撃破は出来ませんでした。
むしろ撃破数が足らず敗北数だけが増えていきました・・

***
と言う事で、13回出撃したところで鳳翔さんは今回のお役目はここまでと言う事で編成し直しました。
ボスゲージを4割ほど分削ったので十分役目を果たしてくれました。
何より今回は鳳翔さんと出撃できたことだけで満足です!

ここからは通常編成で攻略します。
低速枠には、初陣を飾る武蔵を配置して戦艦×3・空母×3で進みます。
大和型戦艦のパワー(と消費資源)を発揮する時がやってきました。

※TAKE15※
艦これ631
↑大和型のパワー炸裂

し、資源は25万以上あるから(震え声
こりゃ毛根死滅待ったなしですねw
と言う事で大破してしまったのでレベル99に於いてやっと改装しました。
キラキラは演習しか使っていなかったのでほぼcon値がマックスなので切れるまで使おうと思っていましたが、MVP率が高く切れそうになかったので仕方ないです。

艦これ632
↑戦艦・武蔵改

個人的にはレイテ沖仕様より通常仕様の赤い衣装の方が好きだったんですけどね・・
この後すぐレベル上限を解放して再進撃完了です(運は+3でしたOTL)
ボスゲージを半分以上削ったので、ここからはガチ編成で挑みました。

艦これ633
↑決戦仕様

空母を3隻から2隻に減らして攻撃力をアップさせました。
本来ならゲージ削りの段階ではここまでする必要はありませんが、高レベル海域の空母の空気っぷりはかなりひどいので早く決戦仕様にシフトしたかったのが本音です。
航空攻撃は当たらいわ、すぐ大破して置物になるわ、制空権要員として戦力としてはほぼ考えてはいませんが、それを差し引いても足の引っ張り具合は無視できないので、ルート固定を捨ててでも火力&耐久重視にしてみました。
結果としてこれが功を奏して大破撤退率がかなり減りました。

※TAKE23※
艦これ634
↑ゴールが見えてきた

ガチ編成に変えて8回目、通算23回目の出撃にしてやっと勝利が見えてきました。
ここまでのボス戦績は以下の通りです。
S勝利1回
A勝利7回
B勝利3回
敗北4回
途中大破撤退8回
ガチ編成では大破撤退は8回中2回だけでした。
さあ、あとはボスを削り切るだけです。
いっけーーー!

艦これ635
↑あああああああああああああああああああ↓
艦これ636

もう1回遊べるドン!

実はこれ、武蔵の攻撃なんですが、改装直後で近代化改修が完全に終わってなかったので火力と対空がまだ上がり切ってなかったんですよね・・
三式弾装備なので、近代化改修MAXなら行けていたかもと思うと非常に悔いが残る1戦でした(三式弾:夜戦攻撃力=火力+対空値)
まあこれは私の慢心の結果なので潔く認めて切り替えます。

※TAKE25※

艦これ637
↑ε=\_○ノ イヤッホーゥ!

少し通常海域で近代化改修用の素材を集めて武蔵を強化し、通算25回目で見事ボスを削り切ってクリアできました!

秋ほどではありませんでしたが、長かった・・
まあ1日で終わらそうとしたからでしょうが、半日かかりました。
今回はゲージ回復は無いので一気にやる必要はありませんでしたが!

艦これ638
↑海域報酬ゲットだぴゃん♪↓
艦これ639

何はともあれこれにて春イベント全海域クリアです♪
今回はE-5は、報酬は実より名誉っぽいので、無理してクリアする必要はなさそうです。
一応ボスS勝利で海外艦やまるゆ、矢矧などが出るようですが、海外艦は任務で手に入るし矢矧なども大型艦建造で手に入る機会もあるのでこれらを目当てに出撃する程ではない気がします(と言うかS勝利結構きつい印象でした)
と言う事で、E-5の編成や消費資源など収支報告です。

艦これ640
↑本隊

武蔵を含む戦艦4隻、大食らいの代名詞的な艦ばかりです。
4戦目夜戦まで行くとこんな感じです。
ボス夜戦までは行けず途中撤退があるので毎回ここまで消費するわけではありませんが、それでも毛根の寿命が縮む事請け合いです。

艦これ641
↑決戦支援艦隊と道中支援艦隊↓
艦これ642

今回は道中も決戦も最低限艦隊ではなくほぼガチ編成で挑んでいます。
低燃費なら駆逐艦×2・軽空母×2ですが、戦艦を編成してより攻撃的な支援艦隊にしました。
おかげでボスまで行こうが途中撤退しようが、毎回本隊を2艦隊同時に運用しているかのような消費資源となりました。
敵の頭数を減らすのは空母の開幕爆撃よりよっぽど信頼できるので支援艦隊は最低限編成ででも出しておくといいかもしれません。

艦これ643
↑攻略時資源とバケツ↓
艦これ644

E-5だけで各資源3万以上とバケツ130個程度消費しました。
銃後の心配なく進撃できたと言う点で、イベント時の懸案事項の大半が関係なかったので非常にストレスフリーでした。
支援艦隊も大和型も何の抵抗もなく使えるので資源備蓄は重要です!
艦これ603
↑いきなりクリア画像

エクストラオペレーションのE-4ですが、ここはぶっちゃけ3-2の強化版と言った感じでした。
ボス前に戦艦部隊がいるので、耐えてボスに行きます。
3-2と違って耐えさえすれば横道にそれないのでその意味では簡単かもしれませんが、ボス前、ダメコンを積んでも積まなくとも敗北率が非常に高いので私のように敗北数が気になる提督諸氏には非常に苦痛に感じるステージかもしれません。
最初はダメコン無しでやりましたが、増え続ける敗北数に「ダメコンでもいいから早く突破しよう」と思いダメコン搭載で大破しても進軍しました。
おかげで2個要員を消費したものの(敗北数が8も増えた以外は)資源的にも楽な部類でした。

艦これ604
↑目玉その②

今回の目玉艦が明石なら、修理枠を1増やすこの装備も目玉です。
これさえゲットできればイベントが9割がた成功と言えます。

艦これ605
↑やめてえええ(椅子から転げ落ちる

さあ、資源とバケツを飛ばす覚悟はいいか?