FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
川内型軽巡洋艦2番艦・神通
※史実略歴※
史実神通.png

1925年7月31日 神戸川崎造船所にて竣工
1943年7月13日 戦没

美保関事件

1927年8月、島根県美保関沖での夜間無灯火訓練中、神通は視界不良の中で駆逐艦・蕨の右舷艦橋付近に衝突。
これにより蕨は沈没し、神通自身も艦首に大損傷を負った。
後続の那珂は神通を避けようとしたが、駆逐艦・葦と衝突、こちらも損傷してしまった。
一連の事故で120名余りの多数の死者が出る大惨事となってしまった。
この事件の背景にはワシントン軍縮条約による排水量制限により、それを補うために猛訓練を重ねて疲労と集中力が限界に達していた事に加え、夜間と言う視界の利かない環境が起こしたものと言われている。
神通艦長は事件の責を問われたが判決前に自決、しかし猛訓練を課した上層部の責は不問であった。
神通は、美保関事件で損傷した艦首を修復する際にダブルカーブドバウに改められた。

華の二水戦
第二水雷戦隊(通称二水戦)は帝国海軍でも最高の練度と最新鋭の装備を配備される部隊で、開戦時の二水雷は帝国海軍最強、即ち世界最強の部隊でもあった。
二水戦に配属される事は非常に名誉な事であり、「華(花)の二水戦」と言われて羨望の的であった。
1931年に二水戦の旗艦となり、以後長く水雷戦隊の顔として前線を駆け回る。
神通が二水戦の旗艦であった期間は最も激しい戦いが続いた時期でもあり、物量に押されて戦況が悪化していく中、帝国海軍を支え続けた。
ミッドウェー海戦の敗退後、ソロモン海域で帝国海軍は文字通り戦力をすり潰されていくが、二水戦も例外ではなかった。

コロンバンガラ島沖に散る
1942年ガダルカナル島をめぐる戦いで爆撃を受けて損傷、一時旗艦を五十鈴に託して内地に帰投する。
修理を終えて復帰した後、二水戦は1943年7月、コロンバンガラ島への鼠輸送部隊を狙う米軍と夜間衝突する。
後に「太平洋戦争で最も激しく戦った日本軍艦」と称賛される神通最後の戦いが始まった。
両軍ほぼ同時に相手の位置を確認した中、神通は探照灯を照射して米軍を闇夜に浮かび上がらせる。
旗下の駆逐艦はそれを目印に米軍に接近する。
しかし、探照灯を照射する事は即ち自身の姿をさらす事と同義であり、神通は米軍の集中砲火を受ける。
瞬時に船体は大破し炎上、司令部もこの中で戦死するが、それでも尚探照灯を照射し続け、魚雷を撃ち続ける。
やがて神通は爆発と共に船体が折れるが、半分沈みながら尚残った主砲で砲撃を続けた。
神通自身は大量の砲弾を浴びてその艦歴を閉じる事になったが、旗下の駆逐艦はその間に米軍に肉薄し魚雷攻撃で打撃を与え離脱する事に成功する。
更に、もう魚雷攻撃は無いと踏んで体勢を立て直して突撃してきた米軍に、次発装填装置で魚雷を再装填した駆逐艦が雷撃斉射。
油断した米軍はここで大打撃を受け、この艦隊は事実上の戦力外になった。
神通は自身の命と引き換えに大勝利と輸送任務成功をもたらし、二水戦旗艦としての役目を全うした。

※艦名由来※
艦これ・神通川.png
↑神通川

富山県を流れる一級河川・神通川が由来。
かつて流域で公害「イタイイタイ病」が発生した。
河川名は「じんづうがわ」、艦名は「じんつう」。

艦娘・神通

艦これ神通.png

「神通です。近代化改装を受け、第2水雷戦隊の旗艦を務めました。
コロンバンガラ島沖海戦では先頭に立って奮戦します。
でも、みんな私の事狙うんですもの…ひどいわ……。」

※容姿・性格※
川内型のオレンジセーラー服に身を包む艦娘。
特徴的な前髪は艦首のダブルカーブドバウの意匠と見られる。
「夜戦バカ」「艦隊のアイドル」としてキャラが立つ姉妹に挟まれて艦これでは地味な存在である。
性格も大人しく気弱・・だが、史実略歴でも触れたように「華の二水戦」は世界最強の超エリート部隊であり、その旗艦を務める神通はそのエリート部隊の隊長である。
きっと、「やめてくださいー」とか泣きながら先陣切って敵中に突撃、後に残るは死屍累々・・そんな感じ。
実際二水戦の役割が斬り込み部隊と言えるので、性格が大人しいからと言って侮ってはいけない。
艦これでは、夕立や時雨、綾波と言った史実で活躍した艦娘程大人しめな性格に設定されている傾向が強い。
神通に関しては、「史実では凄まじい奮戦の果てに沈んでますけど、集中攻撃を受けたところをフィーチャーして、過剰に身構えるようなキャラクターにしています」との事(Febri Vol.19インタビューよりプロデューサー田中謙介氏の発言)
2/26のアップデートで改二仕様実装となり、最期の戦いを反映したイラストに生まれ変わった。
旗艦としての攻撃を全て受けて沈む覚悟を決めたかのような凛々しい顔つきとなり、中破絵ではボロボロになりながらも探照灯をこちらに向けて、更に魚雷管と主砲もしっかり向ける事をやめない。
まさに華の二水戦の誇りを貫き通した神通の姿に見える。

※セリフピックアップ※
中破時:「狙い撃ちされました・・これじゃ、戦いにくいです・・」
戦えないとは言ってない。
沈没する最後まで探照灯照射と抵抗を続けた姿から。
戦えないとは言ってない。
大事な事なので2回(ry
夜戦開始時:「油断しましたね、次発装填済みです」
旗下の駆逐艦は次発装填装置で魚雷を再装填、反撃に転じる米軍に大打撃を与えた。

※公式4コマ史実ネタ※
艦これ398.png
↑肝試し回↓
艦これ・公式4コマ2.png

第8話「夜間無灯火」より美保関事件を扱ったネタ。
夜間無灯火演習で、神通は駆逐艦・蕨に衝突、それを避けようとして那珂は駆逐艦:葦に衝突する。
肝試し(夜間無灯火演習)で神通が蕨のヤブに、那珂が葦のヤブに突っ込んでいるのはこれが元。

戦力考察
二水戦の旗艦と言う華々しいポジションと壮絶な最期を遂げた帝国海軍屈指の武勲艦でありますが、艦これではごく一般的な軽巡洋艦のうちの一隻です。
性能的には「その他大勢」の能力ですが、2/26で改二仕様が実装されて多くの項目で軽巡一の能力を誇る強力な艦となりました。
今後長良型の改二仕様の実装で再逆転されそうな程度の差ですが、エースの座を張れる戦力に生まれ変わりました。
改二への改装レベルは60と若干高めですが、育てるに値する艦と言えるでしょう。

※こだわり編成※
艦これ399.png
↑コロンバンガラ島沖海戦参加艦艇

神通最後の戦いとなったコロンバンガラ島沖海戦を再現。
史実では単縦陣で三日月が先頭だったが、やはり旗艦で配置。
地味に今回から艦隊名も変えてみました。
この記事を書いていた時期では5-4(コロンバンガラ海戦がモチーフのステージ)がまだ未実装だったので、今後このメンバーを基にした編成で攻略し直すとしましょう。

第二水雷戦隊(カッコ内未実装)
旗艦:神通
駆逐艦:雪風・三日月(清波)(浜風)(夕暮)
輸送隊:皐月(水無月)(夕凪)(松風)

※総評※
能力はもとより、イラストが出色の出来。
史実通り大活躍させてあげましょう!
スポンサーサイト
川内型軽巡洋艦3番艦・那珂
※史実略歴※
史実那珂.png

1925年11月30日 横浜船渠にて竣工
1944年2月17日 戦没

戦闘以外での損傷が多い艦
1922年6月10日に横浜船渠にて起工したが、進水間近の1923年9月1日の関東大震災で船体が大破してしまった。
本来なら川内型2番艦として就航するはずが、これにより一度解体されたうえで、3番艦として改めて起工される事となった。
この時、船首がダブルカーブド・バウに変更となった。
1927年の美保関での夜間無灯火演習において、軽巡洋艦・神通と駆逐艦・蕨が衝突、それを避けようとして駆逐艦・葦と衝突して船体を損傷してしまう。
これにより総勢120名の乗員が殉職する大惨事になってしまった(美保関事件)

裏方に従事した縁の下の力持ち
那珂の大きな戦闘への参加は第4水雷戦隊旗艦となったスラバヤ沖海戦くらいだが、その合戦でも目立った戦果を挙げる事は出来なかった。
その後はクリスマス諸島攻略に参加するが、潜水艦の攻撃で損傷する。
修復後は南方での輸送任務に徹し、多数の兵員や物資を戦地へ送り届けた。
1944年2月17日トラック島にて、潜水艦攻撃で動けなくなった阿賀野の救援に向かったところを攻撃され沈没するという、艦生の大半を支援に費やした那珂らしい最期だった。

※艦名由来※
軍艦那珂忠魂碑.png
↑軍艦那珂忠魂碑

茨城県を流れる一級河川・那珂川を由来とする。
下流には某戦車道を操る少女のアニメの舞台として一躍全国区となった大洗町がある。
画像は大洗磯前神社内にある軍艦那珂忠魂碑。
参拝の際は、ゲーム的な事は忘れ、霊と遺族に配慮した行動を。

艦娘・那珂
艦これ那珂.png
↑艦隊のアイドル

「第4水雷戦隊のセンターも務めた那珂だよ!
お仕事沢山入ってて、輸送船の護衛任務や、トラック島から南方への輸送任務とか…
…え、地方巡業じゃんって?そんなことないしっ!」

※容姿・性格※
艦隊のアイドルとして提督諸氏から様々な形で親しまれている。
川内型姉妹のおそろいのオレンジセーラー服の衣装で、明るいキャラ。
頭には2本のアホ毛があるが、これは艦首のダブルカーブドバウを表現しているかも?
言動は某アイドルグループを意識したものとなっており、合戦をロケと言ったり被弾しても顔はやめてと叫ぶ。
図鑑ナンバーも48番、名前も那珂→中→センターと、これでもかと言わんばかりに某アイドルグループネタが散りばめられている。
ネットでは「燃料2弾薬4鋼材11」(解体時の資源)や「那珂ちゃんのファン辞めます」など、物議を醸す代名詞で有名となり、果ては持ち歌を作ってもらった挙句にその歌がカラオケ配信されると言う大躍進を遂げ、更には史実での武勲艦・神通を差し置いて改二実装となり、自称アイドルの名を返上してしまった。
ここでも、レベル「48」で改装可能・改装時使用弾薬「480」・耐久「48」・など、軒並み「48」を盛り込んでおり、「48」は那珂の番号として完全に定着した。

※セリフピックアップ※
MVP時:「ゲームがつまらなくても、那珂ちゃんのことは嫌いにならないでください!」
前田敦子ネタ。
小破時:「きゃあ!顔はやめてー!」
アイドルは顔が命・・でもあり、美保関事件や沈没時に艦首に大損害を受けている史実にもかかっている。
自己紹介時:地方巡業
史実では輸送任務や護衛任務など、裏方で存在感を発揮した。
目立たない役目だが、「地方巡業」なくして戦線の維持は不可能であり、非常に大事であった。
那珂ちゃんもっと自信持って!

※公式4コマ史実ネタ※
艦これ・公式4コマ1.png
↑クリスマスネタ

22話より。
クリスマス諸島攻略時、那珂が旗艦となり、長良と名取を従えて出撃している(1コマ目)
この戦いで潜水艦の魚雷を受け大破するも(3コマ目)、名取に曳航されて(4コマ目)シンガポールへ帰投している。

艦これ・公式4コマ2.png
↑肝試し回

第8話より。
美保関事件が元ネタとなっている。
夜間無灯火演習で、神通は駆逐艦・蕨に衝突、それを避けようとして那珂は駆逐艦:葦に衝突する。
肝試し(夜間無灯火演習)で神通が蕨のヤブに、那珂が葦のヤブに突っ込んでいるのはこれが元。

戦力考察
ステータスには突出した部分が無く、敢えて言えば対潜水値が若干高いぐらいです。
川内型長女の川内は若干防御に優れた艦ですが、神通と那珂はほぼ同等で普通です。
1/15のアップデートで改二への改装が可能となり、攻守に優れた艦へと変貌しました。
軽巡洋艦カテゴリ内では火力上限68、装甲上限68は2位、耐久48は矢矧改を抜いてNo.1となりました。
改装レベルも48と改二実装艦では最も早く改装できるので、初めて間が無い提督諸氏でも手が届きやすいのもポイントです。

※こだわり編成※
艦これ379.png
↑第4水雷戦隊編成

那珂ちゃんがセンターを務めた第4水雷戦隊参加艦艇を再現(カッコ内未実装)
太平洋戦争開戦時の編制(第二艦隊所属)
旗艦:那珂
第2駆逐隊:村雨・夕立・五月雨(春雨)
第4駆逐隊:舞風(嵐)(萩風)(野分)
第24駆逐隊:涼風(海風)(山風)(江風)
第9駆逐隊:(朝雲)(山雲)(夏雲)(峯雲)

余談だが、艦これでは、秋イベントE-3「サンタクロース諸島」はクリスマス諸島の元ネタの様子。
那珂ちゃんがドロップしやすかった・・かどうかはもう分かりませんw
川内型軽巡洋艦1番艦・川内
※史実略歴※
史実川内.png

1924年4月29日 三菱造船長崎造船所にて竣工
1943年11月9日 戦没

特徴的な煙突
八八艦隊計画に基づいき、5500t級軽巡洋艦最終グループの1番艦として建造された。
予定通りなら同型8隻からなる大所帯になるはずであったが、ワシントン軍縮条約により八八艦隊計画が頓挫、3隻のみの建造で打ち切られる。
川内型の特徴としては、独特の煙突が挙げられる。
これは、八八艦隊計画によって重油の消費量が増える事から、従来の重油専用ボイラーの割合を減らし、重油と石炭の混成ボイラーを多く配置したため。
混成ボイラーでは煙の量が増えるため、煙突の本数が3本から4本に増えた。
また、川内型3姉妹でも、神通と那珂はダブルカーブドバウ、川内はスプーンバウなので見分けがつく。

夜戦に生き、夜戦に散る
川内は参加した主な戦闘4回中3回が夜戦だった。
唯一の昼間戦闘となったミッドウェー海戦では一航艦の後方待機のまま海戦が終了し、交戦する事無く帰投した。
最後の戦いとなったブーゲンビル島沖海戦では、米軍艦隊と交戦中に回避行動したところ、味方駆逐艦・時雨と衝突しそうになり、その際に集中砲火を受け航行不能に陥る。
味方艦隊は戦闘を離脱するも、航行不能で単艦敵中に取り残された川内は沈没する。

※艦名由来※
艦これ334.png
↑水害の記録

九州中部を流れる川内川が由来。
洪水が良く起きる川としても有名。
画像は国土交通省HPより。

艦娘・川内
艦これ川内.png
↑夜戦バカ

「5500トン級の軽巡洋艦の最終タイプ、それが私、川内型よ。
熟成された軽巡の魅力、たっぷり教えてあげるから。
もちろん、夜戦でね!」

※容姿・性格※
夜戦バカ。
終了。

・・では芸が無いので一応補足を。
姉妹艦である神通と那珂とおそろいのオレンジ衣装にセーラー服の美少女。
口を開けば夜戦の事ばかり話すが、史実では夜戦戦闘で艦生を過ごした反映だと思われる。
あまりにも夜戦夜戦言うためか、史実で絡みのない他の艦娘から異様なほど言及されている。
正規空母・S鶴:「フタマルマルマルです。何か騒いでいる軽巡が居ますね、何かしら?」
正規空母・Z鶴:「フタマルマルマル! って、かわう・・川内うるさい!
重巡洋艦・K野:「夜戦?どこかの馬鹿が好きでしたわね」
軽巡洋艦・Y張「午後10時です。あーもう、5500t級が一隻うるさいですね、文句言ってきましょうか」
軽巡洋艦・K怒:「23時です。正直、川内さんがすっごくうるさいんだけど!
軽巡洋艦・A武隈:「さぁて夜戦ね、どこかの夜戦馬鹿には負けないんだから」
駆逐艦・H風:「午後10時。川内姉さんいなくて、静かでいいわ
駆逐艦・N波:「午後8時。誰か騒いでるな。ん?川内か。通常運転だな
駆逐艦・S雨改二:「フタマルマルマル。そろそろ夜戦の時間か・・。騒がしくなるね・・。

更には「夜戦主義」なる家具まで用意される始末。
更に更に桃井氏による公式4コマ漫画では夜戦バカに一段と磨きがかかったうえ、駆逐艦フェチと言う新たな設定も加わって危険度倍増。
今日も駆逐艦は夜戦と言う名の何かにおびえる日々を送る羽目に・・
更に更に更に紳士提督諸氏からは夜戦突入(意味深)など(性的な意味で)言及されている模様。
運営にも提督にも弄られ愛されている川内さんの明日はどっちだ。

※セリフピックアップ※
だいたい夜戦言ってます。

***
戦力考察
夜戦と言えば川内、川内と言えば夜戦と言えますが、実際のところ夜戦戦力としては他の艦種と仕様は同じで、夜戦がひときわ得意・・となっているわけではないようです。
夜戦時の攻撃力は火力+雷撃値が適用されている都合上、軽巡洋艦ではむしろ夜戦では総合的な火力で優れる球磨や名取のほうが上です。
川内型では姉妹艦の神通と那珂よりレアリティが高く、耐久と装甲が優れる防御に適した艦と言えます。
しかし、戦力以上に意義があるのが第3艦隊解放に関わってくる事で、遠征を効率的に回すためにも、如何に早く川内を入手できるかがカギとなっています。
現在のところ夜戦では他の軽巡とほぼ変わらない性能になっていますが、そのうち夜戦適性なるステータスでも実装されれば神通や夕立など鬼神クラスの艦と肩を並べる存在に・・なれるかな(希望)
まずは改二で夜戦的な数値が伸びる事を期待です。

※こだわり編成※
艦これ335.png
↑ブーゲンビル島沖海戦編成

川内最後の戦いとなったブーゲンビル島沖海戦の主要参加艦船です。
この戦いで川内が時雨と衝突しそうになり隊列が乱れ、後続の五月雨と白露が衝突してしまいます。
直後集中砲火を受けて川内は航行不能になりその艦歴を終えます。
ゲーム内ではぜひこの編成で川内を生き残らせましょうw

本隊(大森仙太郎少将):妙高 羽黒
第一警戒隊(伊集院松治少将):川内 時雨 五月雨 白露
(第二警戒隊は編成上省略) 
初春型駆逐艦・初春
※史実略歴※
史実初春.png

1933年9月30日 佐世保工廠にて竣工
1944年11月13日 戦没

意欲作も時代に翻弄され続ける
ロンドン軍縮条約によって補助艦にも保有制限を加えられた帝国海軍が、制限下でも戦闘力を発揮させるべく建造されたのが彼女ら初春型駆逐艦である。
この条約では「1500トンを超える補助艦艇は合計排出量の16%まで」とされてしまったため、海軍は特型駆逐艦より約300トンも軽い1400トンの船体に特型に準ずる装備を載せる事を計画して建造に着手する。
先だっての特型駆逐艦の建造のノウハウを活かしてこの小型の船体に武装を詰め込む事に成功するが、その結果重心が上がって復元性に著しい問題を抱えた艦となってしまう。
公試運転で、舵を切っただけで40度近く傾斜し転覆寸前になると言う事件を起こしたためすぐさま対策が施されるが、直後にトップヘビーだった艦艇が演習中にあっさり転覆する、いわゆる「友鶴事件」が起きる。
これにより同じコンセプトの初春は抜本的な設計の見直しを迫られた。
対策として艦上構造物の縮小や装備の配置、撤去などが行われ、これにより復元性は回復するが各性能は落ちてしまった。
追い打ちをかけるように発生した、船体の強度不足の問題がクローズアップされる事になった「第四艦隊事件」のおかげで軽量化していた船体を補強する事となった。
このおかげで1400トンだった船体は約1700トンに増量し、特型駆逐艦より重くなってしまった。
結果、当初のコンセプトだった高性能な軽量艦と言う位置づけは失われ、一周回って普通の駆逐艦となってしまった。
尚、1700トンは条約の制限にひっかかってしまうのだが、これは黙殺されていた模様。

熱帯は苦手なのじゃ
紆余曲折を経て普通の駆逐艦となってしまった初春だったが、当初のコンセプトが無茶な要求だっただけで、普通と言えども帝国海軍の駆逐艦らしく妹艦を引き連れて各地を転戦して活動している。
1942年より北方部隊に編入されアッツ島作戦を始め千島周辺で活動している。
1944年10月には第二次多号作戦(レイテ増援輸送作戦・オルモック輸送作戦)に参加し、オルモックへの突入に成功している。
しかし、作戦を成功させてマニラ湾に戻ったところで米軍の空襲に遭い沈没する。

※艦名由来※
ちはやふる第十三首「きみがため」.png
↑ちはやふる第十三首「きみがため」より

春の季語。
画像は初春を詠った百人一首「君がため 春の野に出でて 若菜摘む 我が衣手に 雪は降りつつ」をタイトルにしている百人一首マンガ「ちはやふる」第十三首「きみがため」より、新と千早の邂逅の場面(強引)

艦娘・初春
艦これ初春.png
↑ういはるではないぞ

「初春型駆逐艦、1番艦の初春じゃ。
わらわは、北方部隊に所属。戦雲渦巻くアッツやキスカなどの北方海域で活躍したぞ。
北海道周辺も好きな海域じゃな。マニラ湾やオルモック・・・?ああ、熱いところは苦手じゃ。」

※容姿・性格※
公家のような古風なセリフをしゃべり、扇子や紙垂のような髪飾りに公家風の眉など和風な雰囲気を持つ艦娘(フ○ンネル風の武装はオーパーツです)
初春→正月→和の象徴と言った設定だと思われる。
衣装は体のラインがはっきりとわかるものを着用しているが、これは船体に可能な限り兵装を積んだ、遊び(余裕)が無い事を表しているのであろうか。
古くより日本のアニメや漫画などのフィクションに於いても登場人物の姫、公家と言った面々は他人を見下したりする性格付けがなされている場合が多いが、彼女はそう言った性格付けを踏襲しながらも、勝利は自分の力だけではない、と言える等、他もしっかり引き立てる事ができる。

※セリフピックアップ※
攻撃時:「うふふっ わらわには見えるっ」
某機動兵器アニメの某赤い彗星さんのようなセリフは、やはりファンネ○風の兵装を持つキャラにはお約束!?
MVP時:「ふっ この勝利、わらわの力ではない。皆の働きあってのことじゃ!」
入渠時:「この工廠は、腕の良い職人がおるのう。安心じゃ。」
他人もしっかり認める、彼女の性格をよく表すセリフ。

***
初春型駆逐艦・子日
史実子日.png

1933年9月30日 浦賀船渠にて竣工
1942年7月5日 戦没

姉共々紆余曲折を経て誕生
初春型駆逐艦2番艦として、条約下での戦力強化を施された小型艦だったが、初春と同じ問題を抱えてしまった。
このあたりの事情は初春の経緯と同じなので割愛する。
開戦後は第1水雷戦隊第21駆逐帯に所属し、姉妹艦と数々の作戦を行った。
1942年7月5日、アッツ島沖で潜水艦の攻撃を受け沈没する。

※艦名由来※
子の日遊び図.png
↑子の日遊び図

月はじめの子の日、特に新春初めての子の日を差す。
「子の日遊び」は、平安時代に貴族が正月最初の子の日に邪気払いとして楽しんだ遊び。
「小松引き」「若菜摘み」などが行われた。

艦娘・子日
艦これ子日.png
↑ネノヒダヨー

「丸一計画で建造された、初春型駆逐艦2番艦の子日だよ。
初春などの姉妹艦で第21駆逐隊を編成して色々と頑張ったんだよ。
なに?潜水艦…?嫌いキライ!」

※容姿・性格※
初春型姉妹艦として艦これに登場しているのは初春・初霜・若葉だが、絵師も初春と同じで服装も同じデザイン。
初霜と若葉は、初春と子日の教訓を活かして建造されたので絵師が異なっていると思われる。
駆逐艦は小学生~中学生の擬人化がなされている事が多いが、子日は園児か、小学生でもかなりの低学年ぽく設定されている。
他の艦娘が砲塔を手に持ったり四肢に巻きつけて装備しているが、彼女は両手に砲塔を「はめて」装備しているのが特徴(いわゆるサイコガン状態)
後続艦は帝国海軍の命名法則で「日」または「月」が名前に入る予定だったが、睦月・如月のように「月」で統一されてしまったため名前だけで見れば1隻だけ異なっている。
兵装の持ち方が子日だけ違うのもこの辺を意識しているのかも。
言動は見た目通りのお子様で、無邪気な印象。

※セリフピックアップ※
加入時:「初めまして、子日だよ。艦名、読みづらくなんかないよね?ねえ?」
初見で読める人もなかなかいないかも。
漢文のように「子曰く」と読めなくもない。
秘書クリック時:「今日は何の日?子日だよー」
出撃時:「子日、出撃の日!」
日にちネタ。
子日とは、特に新年最初の子の日を差す。
夜戦開始時:「無駄無駄無駄ぁ!」
URYYYYYYYY!

***
戦力考察
史実では初春型駆逐艦は改修を重ねた結果、吹雪型に比べて肥大化したわりに速力や攻撃力が劣るなど性能面で劣る事になりましたが、艦これではほぼ差異は無い様子です。
初期ステータスが高い割に改修したら伸び代が少ない・・といった差異を持たせる事も可能だったでしょうが、強くしたはずなのに残念な性能だとゲームをやっていても面白くないとの配慮でしょうか。
夕張にように改装後のステータスに難がある艦もありますが、あちらはスロット枠が他の軽巡洋艦より1枠多いと言う特徴があるので一概に弱いと言えないですが。
艦これでは通常の戦力として使えるので好みで使っていって全く問題ありません。

※こだわり編成※
艦これ252.png
↑第21駆逐隊

やはり主に姉妹艦と一緒に活動した第1水雷戦隊第21駆逐隊を再現したいところ。
編成は太平洋戦争開戦時です。
第1水雷戦隊旗艦:阿武隈
第21駆逐隊:初春 子日 初霜 若葉

※総評※
史実は性能に難があるもゲーム内では平均的な駆逐艦。
本来なるはずだった高性能駆逐艦を再現した改二実装に期待!?
特型駆逐艦・吹雪
※史実略歴※
駆逐艦・吹雪.png

1928年8月10日 舞鶴工作部にて竣工
1942年10月11日 戦没

駆逐艦の基礎を築いた革命児
ワシントン条約によって主力艦の保有に制限が設けられた帝国海軍が、制限を受けない駆逐艦の強化に乗り出して設計された「特型駆逐艦」、そのネームシップが吹雪である。
従来の駆逐艦より攻撃力・運動性・凌波性(荒波に対する強さ)に優れており、量産も容易で列強各国の海軍に大きな衝撃を与えた。
それ以降駆逐艦のベースとなって多数の姉妹艦が生まれる事となった。
吹雪型駆逐艦は日米開戦時には既に旧式となっていたが、その汎用性と性能の高さは健在であり、多数の作戦の投入され主力として戦闘を経験した。

サボ島沖に散る
1942年10月11日サボ島沖にて米軍と会戦(サボ島沖海戦)
旗艦・重巡洋艦青葉が米軍を味方輸送艦隊と誤認。
米軍は索敵で日本軍の動きを察知しており、青葉に向け先制攻撃を行う。
この先制攻撃で艦橋に直撃を受けた青葉は一瞬で指揮系統が壊滅し、戦闘離脱を図る。
青葉と、青葉の離脱を助けるために割り込んだ2番艦古鷹に集中砲火が浴びせられる中、敵味方識別のために米軍に接近していた吹雪も至近距離から多数の攻撃を受け弾薬庫に引火、爆沈する。

※艦名由来※
吹雪.png
↑猛吹雪

雪や積雪が強風で舞い上げられ視界が利かなくなる自然現象。

艦娘・吹雪
艦これ吹雪.png
↑主人公()

「ワシントン条約制限下で設計された、世界中を驚愕させたクラスを超えた特型駆逐艦の1番艦、吹雪です。
私たちは、後の艦隊型駆逐艦のベースとなりました。
はいっ、頑張ります!」

※容姿・性格※
初期選択艦の1隻で、艦これのメインビジュアルを務める主人公。
黒髪セーラー服、言動も感情豊かで、「元気いっぱいな普通の女の子」。
癖が無く、素朴な外見から個性が際立つ他の艦娘に埋もれがち(だがそれがいい)
被弾時の声が必死且つ妙に色っぽく、ひたむきな姿が垣間見られる。

※セリフピックアップ※
夜戦開始時:「酸素魚雷、一斉発射よ!」
史実では酸素魚雷は搭載されていない。
ゲーム内では是非酸素魚雷を載せてあげよう。
被弾時:「きゃあっ!?」「はうん!」
このエロ可愛さが彼女の魅力。

戦力考察
吹雪型駆逐艦のネームシップのため、他の同型駆逐艦よりレア度が1段階高くやや入手しにくいです。
性能としてはごく普通で、ドロップ率が低い点と運が高めな点が違うだけです。
しかし、改装してしまうとその運も下がって、他の艦娘と同様12になってしまうので唯一と言っていいアイデンティティすら喪失してしまいます。
現在実装されている駆逐艦の多数が特型駆逐艦に属するため、今後実装される駆逐艦の能力次第では棲み分けができる・・かもしれませんが、後発艦が初期艦より性能が低いのはゲーム的においしくないので難しいところだと思います。
史実と同じくこの性能が基本となって、一長一短型のステータスにしてバランスを取るのかもしれません。

※こだわり編成※
艦これ248.png
↑サボ島沖海戦参加艦艇

ここはやはり吹雪が散ったサボ島沖海戦を再現したいところ。
サボ島沖海戦参加艦艇
青葉 古鷹 吹雪 初雪 衣笠
旗艦を青葉に、2番艦を古鷹・主人公は続いて攻撃を受けた3番艦の位置に。
殿は衣笠に任せました。

艦これ249.png
↑MVPは衣笠に

史実では、殿艦として戦況を立て直した艦として知られる衣笠。
是非MVPを取らせてあげたいです。
尚、サボ島沖海戦は艦これでは5-3サブ島沖海戦(夜戦マップ)として登場しています。
画像撮影時はレベルが低くとても再現できなかったので南西諸島で代用しました(しかも初雪はレベル1だったため急きょ育成する行き当たりばったりぶり)
史実の被害状況は再現しません!
駆逐艦一覧
島風
吹雪
白雪
初雪
深雪
叢雲
磯波
綾波
敷波








睦月
如月
皐月
文月
長月
菊月
三日月
望月
初春
子日
若葉
初霜
白露
時雨
村雨
夕立
五月雨
涼風
朝潮
大潮
満潮
荒潮


陽炎
不知火
黒潮
初風
雪風
舞風
秋雲
夕雲
巻雲
長波

※駆逐艦の特徴
利点
・燃料消費が少ない
・砲雷撃戦に参加できる
・夜戦に強い
・遠征の主力
・対潜水値が高め
・回避率が高い
欠点
・装甲が薄い
・砲撃力が低い
・耐久が低い
・装備スロットが少ない

潜水艦・潜水空母
伊168
伊19
伊8
伊58

※潜水艦の特徴※
利点
・燃料消費最少
・レベル10以上で甲標的無しに開幕雷撃可能
・夜戦に強力な補正
・特定の艦種以外には狙われない
欠点
・装甲は皆無
・耐久も皆無
・砲撃戦に参加できない
球磨型軽巡洋艦・大井
※史実略歴※
史実大井.png

1921年10月3日 神戸川崎造船所にて竣工
1941年7月19日 戦没

時代に取り残されるも兵站を担う裏方をこなす
1928年から1937年まで練習艦として江田島(現広島県江田島市)の海軍兵学校で海兵の養成に携わる。
その後太平洋戦争開戦前の1941年に艦隊決戦用の切り札として酸素魚雷を多数搭載した重雷装巡洋艦へ改装される。
しかし、当初帝国海軍が思い描いていた艦隊決戦は航空機の発達により過去のものとなってしまい、大井はその能力を活かす機会に恵まれなかった。
雷装巡洋艦として存在意義を失ってしまった大井はその後魚雷発射管を一部取り外して輸送の任務にあたる。
以後はフィリピンやシンガポール、ソロモン諸島など激戦地を駆け回り、兵員や物資の輸送を担った。
1941年7月19日、マニラからシンガポールへの輸送任務中に米潜水艦の魚雷攻撃を受けて戦没する。

※艦名由来※
大井川.png
↑箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川

静岡県を流れる一級河川・大井川が由来。
東海道屈指の難所として有名。


艦娘・大井
艦これ大井.png
↑大井っち

「球磨型軽巡洋艦の4番艦、大井よ。
神戸生まれなの。
平時は海軍兵学校練習艦として活躍したのよ?
もちろん、真打ちは、重雷装艦へのモデルチェンジよね?頑張るわ!」

※容姿・性格※
両手に連装砲を持ち、茶髪ロングの艦娘。
性格は毒舌で、本心を隠しきれないタイプ。
改装後は足に魚雷管が増えるが、触ると魚雷管を向けてくる危険な娘。
戦闘でも平時でも、魚雷を兎に角撃ちたがるので敵も財政も大破間違いなし!
同じ境遇の北上と仲が良く、セリフでもよく名前が出る。
放置時のセリフではドキっとする事を言い放つ。
改二になることで中破時の露出が大幅アップ。

※セリフピックアップ※
MVP時:「練習艦時代が長かったからね、その分、パワーが余っているのよ」
史実では長年練習艦として働いてきた。
秘書艦クリック時:「提督も気になります?そう、足にいっぱい付いたんですよ!・・・って触りすぎなので、提督に20発撃っていいですか?」
酸素魚雷の値段は当時1本数万円、現在の価格では億に相当するらしい。
決戦兵器として温存と言えば聞こえはいいが、こんなものを常時撃てるだけの国力は既に日本にはなかったと見るべきか。
提督が彼女にお触りするたびに国家予算が飛ぶので、提督を更迭するのが国にとって一番な気がする。

***
球磨型軽巡洋艦・北上
※史実略歴※
史実北上.png

1921年4月15日 佐世保工廠にて竣工
終戦時損傷残存
1946年 三菱重工業長崎造船所にて解体

大井と共に夢の続きはゲーム内で
艦のコンセプトは大井と同じく艦隊決戦用の切り札だった。
戦術の変化により艦隊決戦は行われず、その後も大井と同じく輸送艦としての任務にあたる事になる。
そして再び改装され、特攻兵器「回天」を搭載できる艦となる。
1945年7月24日の呉軍港大空襲の際に大破するも終戦まで生き延び、戦後は復員輸送支援に従事する。

※艦名由来※
北上川.png
↑北上川遊覧船と鯉のぼり

岩手県を流れる一級河川・北上川が由来。
宮沢賢治や石川啄木などの作品にも登場する、日本でも屈指の流域面積を持つ大河川。

艦娘・北上
艦これ北上.png
↑北上様

「球磨型軽巡洋艦の3番艦、北上だよー。
んあ?そう、大井っちとは親友。
酸素魚雷を打ちまくる重雷装巡洋艦にステップアップできるってさ。
やってみる?」

※容姿・性格※
三つ編みロングの艦娘で、気だるい口調が特徴。
手に持つ単装砲がじょうろに見えなくもない。
改二になると衣装が一新される。
どんな敵をも葬り去るその攻撃力から提督からは「ハイパー北上様」の愛称で親しまれている。
大井の事は大井っちと呼んで仲が良い(百合臭がする)

※セリフピックアップ※
MVP時:「ふふん、これが重雷装艦の実力ってやつよ。あー良かった!活躍できて」
史実では活躍する機会が無かったので、嬉しそうで何よりです。
秘書艦クリック時(改時):「あ・・あれ? あれはちょっと積みたくないなぁ」
その他北上のセリフに何種類か登場する「あれ」とは、おそらく人間魚雷「回天」の事。
史実では回天搭載艦として改装されたが、回天を実際に撃つ機会は無かった。

***
戦力考察
軽巡洋艦・大井と北上はレベル10で改造可能な特殊艦です。
改造後は雷巡洋艦となり、雷撃戦特化で艦隊の強力なアタッカーとなるポテンシャルを秘めています。
レベルを上げて50に到達すると2段階目の改装ができ、全体的にステータスが上がり、装備枠が3つになります。

※改装後の艦の特徴※

・雷撃値が高い
・甲標的を装備でき、開幕雷撃が可能になる
・装甲は薄い
・甲標的がないと雷撃をする前に中破して無力化される恐れあり
・対潜水能力も割とある
・改二までは砲撃力は無いに等しい

つまり、甲標的装備をほぼ前提としており、事前にアイテム開発や千代田・千歳をレベル12まで上げて装備を剥ぐ必要があります。
アイテム開発では結構な資源を食う&確実ではないので、現実的にはちとちよコンビのレベル上げをする事となります。
その点で準備に手間がかかるのが欠点とも言えます。
しかし、ひとたび甲標的を手に入れれば状況は一変します。
開幕雷撃で高確率で敵を1隻戦闘不能に追い込むさまはまさに圧巻の一言です。
レベル50で改二となれば、相手が何だろうと関係ありません。
あくまで当たれば、ですが、まさに「一撃必殺」です。
砲撃戦で被弾して雷撃戦では動けない場合も多々ありますがそこはご愛嬌。
そのかわり入渠時間と燃費は軽巡洋艦準拠なので、回転率が高い点と戦果に見合ったコストパフォーマンスが高い点(それも「激」が付くほど)は見逃せません。
大井・北上を同時に運用すれば開幕で2隻沈める事もできます(2人が同じ艦を狙う事も多いですがw)
これは長所でもあり短所でもありますが、兎に角打撃力が高く毎回MVPを獲得する事も難しくありません。
育成艦隊に組み込むと、毎回大井・北上に経験値が流れてお目当ての艦を育てるのに時間がかかりがちです。
「育成に時間がかかってもいいから被弾を少しでも減らしたい」ならば育成艦隊のお供としては逆にうってつけです。
このあたりはプレイスタイルとドック状況によってうまく使い分けましょう。
砲撃力に関しては、レベル50までは期待するだけムダなので、雷撃専用と割り切って編成しましょう。
艦の性質上旗艦向きで、これはかばうよりかばわれるほうが戦力を維持しやすいのに加え、夜戦時は1番手を切れるので雷撃力を発揮しやすいからです。

※こだわり編成例※
艦これ247.png
↑ハイパーコンビ

戦力的にもネタ的にも、大井&北上コンビは外せません。
疲労回復待ちの間にも活動できるよう、複数セット用意してもいいくらいの強力な戦力です。

***
※総評※
一撃必殺の攻撃力は病み付きになるレベルです。
被弾時のペナルティも他の艦種と比べても軽く、ガンガン前線に出せます。
レベル50は決して楽な道ではないですが、それに見合ったリターンは保障できます。
ステージクリアのお供に、レベル上げに、大井っちと北上をどうぞ!
軽巡洋艦一覧
天龍
龍田
球磨
多摩
木曾
長良
五十鈴
名取
由良
鬼怒
阿武隈
川内
神通
那珂
夕張
阿賀野
能代

※軽巡洋艦の特徴※
利点
・燃費がいい
・砲雷撃戦に参加できる
・夜戦に強い
・遠征で重要な艦種
・対潜水値が高い
欠点
・装甲は基本的に高くない
・砲撃力も基本的に高くない
・戦闘では代替艦がたくさんいる

重雷装巡洋艦一覧
大井
北上

※重雷装巡洋艦の特徴※
利点
・雷撃値トップクラス
・甲標的があればで開幕雷撃可能
・改二で高い砲撃力
・軽巡洋艦に準じた燃費と入渠コスト
欠点
・能力が開花するまでに時間がかかる
・能力発揮させるためには甲標的が半ば必須
・装甲は紙

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。