FC2ブログ
大型艦建造が実装され、各地で悲喜こもごものドラマが巻き起こっています。
運良く新艦娘を手に入れられた提督諸氏も、資源を大量に失って涙目になってしまった提督諸氏も、そして、これから大型艦建造にトライしようと考えている提督諸氏も、今一度大型艦建造について考えてみましょう。

***
まず、ハッキリ言って大型艦建造は初心者が手を出しても、それが即艦隊強化につながる事は少ないと言う事です(一応第3艦隊を解放している事が大型艦建造の前提条件ではありますが、解放して間が無い時期もまだ初心者の域を出ていないとも言えます)
例えば序盤で運良く大和型戦艦を手に入れたとして、それを運用できるだけの兵站を準備できなければただの置物です。
資源枯渇したうえコモン艦しか出なかったとなれば、精神的にも兵站的にも大打撃です。
そうなるくらいなら大型艦建造に費やす資源を経験値稼ぎや装備開発に使ったほうがよほど有用です。
まあ、たいていそういう状態になってから後悔するものですが・・

艦これ353.png
↑5-2を何周も周回できる資源量

長期的には遠回りをするだけで、そのうちそれらの艦娘を運用できるだけの体力が付いてくるでしょう。
しかし、そうなった時には他のイベントなどで通常ドロップとして手に入れられる機会ができる可能性もあります(今回のアルペジオイベントの例で言えば鈴谷、熊野や瑞鶴などが代表例です)
更に、これこそが大型艦建造のメリットでもありデメリットでもありますが、「レア艦がレア艦でなくなってしまう状況も有り得る」点です。
大型艦建造以前は入手難度が高かった三隈や長門に代表されるレア艦が、実装以降人によってはただのハズレ枠になってしまった事でしょうか。
ドロップでこれらの艦が出た時はガッツポーズして喜べるところが、大型艦建造で出たら「まあ、一応持ってないし嬉しいけど・・どうせなら、ねえ?」と微妙な気持ちになる事請け合いです。
艦これをやっていて結構大事だと思うのがこういったステータスとして表せない「気持ち的」な面だと思いますが、例えば三隈や長門をどうやって手に入れたか思い出す時、「三隈堀り何十回もやってきつかったけど出た時嬉しかったな~」「長門が建造(通常建造)で出た時嬉しかったな~」となるか、「大型艦建造で大和狙ったら三隈、長門だったよ。もう何隻も出たからいらねー」となるかです。

その点を踏まえて、大型艦建造は「ある程度艦隊の陣容が整って」「十分提督として(数字だけではなくプレイヤースキルや知識としての)経験を有している」人向けと言えます。
大型艦建造は、それこそ数週間単位の資源を消費してしまうので、まだ育成が十分でない初心者提督は大人しく今いる艦娘で十分戦果を挙げられるようになってからやっても遅くないです。
と言うか、ぶっちゃけやらなくても全然問題ないです。
幸いレシピ開発は日々行われており、もしトライするなら先達の偉大なる知恵も人柱となった感謝の念を持って大いに活用させていただきましょう。

・・と、いきなり重たい事を言っても面白くないので、実際に大型艦建造を行う際に気を付けておくべきことを考えていきましょう。

・資源
これはそのまま鎮守府の財政事情に寄りますが、資源は上限以下なら毎日1440ほど自然増加するので、尽きたとしてもしばらくプレイを停止していたり、遠征や任務に重点を置いていれば回復します。
資源の中でも気を付けておかなければいけないのはボーキサイトを大量に使用する「大鳳狙い」の場合です。
ボーキサイトは他の資源の3倍回復速度が遅いので、気が付いたらしばらく空母運用ができなくなるくらい深刻なボーキ不足にあえぐ羽目になります。

・開発資資材
資源以上に提督を悩ませるのが、開発資材の不足です。
仕様として、建造の際資材の消費を1,20,100から選ぶことになりますが、調子に乗って100ばかり選ぶとしばらく資源があっても建造が難しくなることも考えられます。
デイリークエストで得られる開発資材は遠征や不定期クエストを除けば1日10個程度しか手に入りません。
課金しなければ資源以上に入手手段が限られているのが開発資材です。

***
資源については既に多くの提督が獲得術や節約術を持っていると思うので、今回はあまり触れられない「開発資源」節約術について解説します。
開発資源を毎日大目に獲得するには、あるクエストに注目です。

新装備「開発」指令 「工廠」で装備アイテムを新たに「開発」しよう(失敗もOK)!
装備「開発」集中強化! 「工廠」で装備アイテムを本日中に新たに3回「開発」しよう(失敗もOK)!


この2つのクエストは毎日簡単に受けてクリアできるもので、ポイントは「失敗してもOK」と言う点です。
失敗すれば、消費した資源は戻ってこないものの、開発資源は返還されます。
この2つのクエストクリア報酬で開発資材を計3個入手できます。
つまり、クエストクリアのためにアイテム開発を計4回行う訳ですが、2回失敗すれば開発資源は黒字が確定します。
これを4回全部失敗すれば3個の開発資源が浮きます。
10/10/10/10の最低限開発をすればかなりの高確率で失敗するので、これを毎日狙っていくのが開発資源を効率よく貯めていく方法です。

***
しかし、どうせなら失敗するだけでなく開発できた時にいいものが出れば尚良いわけで、今回私がオススメするのが以下のレシピです。

10/10/10/20

駆逐艦や軽巡洋艦を旗艦にしてこのレシピを回すと、かなり高い確率で失敗するうえ、開発に成功した時に「三式水中探信儀」「九三式水中聴音機」など対潜水装備を入手できる可能性があります。
潜水艦を入手する機会が増え、演習でも高レベル海域でも潜水艦を相手にする機会も増えている現在、対潜水装備の充実は必須と言えます。
完全に長期戦を前提としたレシピではありますが、毎日のクエスト消化ついでに対潜水装備を充実させる事も出来るので、非常にオススメできるレシピです。

艦これ352.png
↑たまーに当たる三式水中探信儀

***
散々やらない方がいいと言いながらも、やはり人間新しいものや限定ものに弱いのもまた事実です。
普段味わえないドキドキ感、いい艦が出た時の昂揚感があるのも大型艦建造のいい面でもあります。
自分の環境をわきまえたうえでやるなら、これほど艦これライフにアクセントを与えてくれるコンテンツもないでしょう。
是非とも良い巡り合いになるよう、大型艦建造ライフを楽しんでください!

ご利用は計画的に!
スポンサーサイト



2013.12.30 年末飾り配布
期間限定で、ログイン時に新家具が配布されました。

「艦これ」開発/運営 ‏@KanColle_STAFF 12月28日

年末年始の「艦これ」【お正月家具】特別配信予定です! ▼新年を艦娘と迎える【鎮守府新年飾り】 【12/30 0:00~大晦日12/31 23:59】 ▼迎春を祝う【謹賀新年掛け軸】 【新春1/1 0:00~1/3 23:59】 ※同期間中のログインで入手可能です!

↑運営ツイッターより

今回は配布期間が非常に短いので注意です。
正月で帰省している人はログインに苦労しそうですが、可能な方は忙しい中でも1回ログインしておきましょう。

***
と言う事で早速ログインして家具を受け取ります。

艦これ347.png
↑家具ゲット!

今回は鎮守府新年飾りです。

艦これ348.png
↑ゲストはチョロ艦さん

冬らしく白を基調としたデザインにしてみました。
クリスマスには那珂ちゃんサンタが降臨しましたが、新年は着物Ver.もサプライズ実装されないかなあと思っていますが、流石になさそうですw

***
那珂ちゃんで思い出しましたが、サンタVer.が解除になった代わりに、図鑑にイラストが登録されています。

艦これ349.png
↑那珂ちゃんサンタと中破絵↓
艦これ350.png

期間中に那珂ちゃんを中破させていなくても登録される模様です。
できればアルペジオ組も図鑑に収めてほしいです!
イベント開始&艦これ開始17週目の戦績です。

艦これ・17週目.png
↑提督レベル101

資源状況
燃料:微増(+5400)
弾薬:増加(+12000)
鉄鋼:増加(+14500)
ボーキ:増加(+15000)

先日からイベントが始まり、私自身コラボイベントを満喫中です。
仕事が忙しかった事に加え、ゲストユニットの資源消費量が増大している事から通常海域での活動を抑えたためか、出撃数自体がかなり少ない1週間でした。
密かに狙っていた500位以内もちょっと離れてしまったのに加え、コラボイベントに重点を置きたいので今月の500位入賞をほぼ放棄しました。
イベント海域ではレア艦や潜水艦が手に入る機会が多いとの事で、このチャンスは今後の戦略に大きな影響をもたらすと判断し、ささやかな報酬は来月以降に持ち越します。

***
今週も改装を迎えた艦が続々登場です。
まずはレベル65以降遠征でキラキラを消費していた木曾が満を持して改装です。

艦これ・木曾改.png
↑木曾改→木曾改二↓
艦これ・木曾改二②.png

木曾改二③.png
↑重雷装巡洋艦・木曾

完全に貴女が提督です。
むしろキャプテンと言ったほうが似合うでしょうか。
男性的なセリフと相まって非常に雰囲気が出ている艦娘です!

艦これ・曙改.png
↑曙&磯波↓
艦これ・磯波改.png

母港拡張後の後発組もそろそろ改装ラッシュを迎えています。
今週は2隻改装でしたが、来週あたり、一気に5隻ぐらい改装できそうな見通しです。

***
今週はもう一つ節目を迎えました。

艦これ・レベルソート1.png
艦これレベルソート2.png
艦これレベルソート3.png
艦これレベルソート4.png
艦これレベルソート5.png
↑レベルソート上位50隻

レベルソートで5ページ目以降をレベル50以上に育成できました!
これは一つの目標だったので、年内に達成できてうれしい限りです。
これだけ育成できていれば、ひとまずはどんな海域でもそれなりに奮戦できると思うので、今後は更なる底上げを図っていきたいです。
来年の目標としては、稼働艦の平均レベルを50にする事を目指していきたいです。

※上位50隻艦種内訳※
戦艦:6
正母:3
軽母:5
重巡:6
軽巡:8
駆逐:8
雷巡:5
潜水:5
航巡:1
水母:1
航戦:2

こうやって内訳だけ見るとバランス良く見えます。
ただ、レベル80オーバーはどうしても一般的に強いと言われている艦種が占めているのはある程度仕方ないでしょうか・・

艦これ346.png
↑秘密兵器は秘密のまま・・?

変わりどころとしては、秋イベントで加入した武蔵、演習のみながら驚異的なスピードでレベルアップをして、未改装ながら1ページ目に顔を出しています。
武蔵が実戦に出るような戦況になる時は来るのでしょうか。
その時のためにひたすら内地で演習の日々を送ります。
皆さん「蒼き鋼のアルペジオ」コラボイベント満喫しているでしょうか?
まだイベント期間は残っていますが、私はイベント海域をクリアしたり、レア艦掘りしたりして楽しんでいます。
開始数日ですがイベント雑感を。

***
今回はコラボイベントと言う事で、果たしてどの程度先方の要素と融合させるか非常に興味がありました。
特にアルペジオは既存の軍艦の要素を元にしたSF設定なので、艦これの世界観とどう共演するか、まずはそこが気になりました。

艦これ蒼きイベント21.png
↑駄目ンタルモデル

しかしそんな心配も杞憂でした。
大戦艦・ヒュウガにより装備を共有と言う形での共演でした。
さすがヒュウガさん、演算能力ぱねえっす!

***
艦これ蒼きイベント22.png
↑まだまだ上がるステータス

超兵器であるメンタルモデル艦も、高ステータスと超重力砲、クラインフィールドと言うチート能力を有しながら資源を大量消費するバランスです。
これにより使いたい強さだけど資源を考えなければならない、と、ただ単にごり押しするだけだとそれなりの代償も支払わなければならない(文字通り資源的な)ため緊張感もあります。
ゲストユニットを組み込めばクリアは容易ですが、資源的に厳しければ艦これ組だけでも十分クリアは可能と、自己の戦力バランスを考える楽しみもあります。

艦これ蒼きイベント20.png
↑どっひゃー

フフフ・・怖いか?(資源的に)

***
これまでのイベントとはベクトルが違った楽しさも今回のイベントの魅力です。
私が前回参加した初のイベントであるアイアンボトムサウンドですが、どうしても運ゲー的なイメージがぬぐいきれませんでした。
戦力に兵站を整えても、運とリアルに翻弄されて涙をのんだ提督も多い事でしょう。
攻略的な難しさより、リアルラックに比重を置いたバランスはしばしば議論を呼んでいました。
今回のイベントは海域突破だけなら決して難しいものではなく、新規提督でもゲストユニットを有効活用する事で攻略できるのは好印象でした。
何より先方を知ってもらうのに難しさは必要ありません。
その点でアルペジオの世界観を表現した超兵器は未見の提督には興味を持つには十分なインパクトがあったと思います。

このイベントは、少なくとも私の中ではコラボイベントとしては大成功を収めたと言えます。
今回は単発イベントで、期間終了と同時にゲストユニットは消滅してしまいますが、第2回イベント開催も期待しています。
コラボ効果で先方の知名度と原作やメディアに好影響が出れば、アニメ2期決定→1期で未登場だったメンタルモデル登場→第2回コラボイベント開催決定→最深部で大和ドロップの可能性が微レ存?
などなど妄想が膨らみます。
これを機会に蒼き鋼のアルペジオ、もっとたくさんの提督の目に触れてほしいと思います!

艦これ蒼きイベント23.png
↑第1話エンドカード

ちなみに、今回の海域クリア報酬の「しおい」こと「いおな」(魯粛名)はアニメ版アルペジオ第1話のエンドカードでかなーーり早期に登場が示唆されていました。
イベント海域最深部E-3攻略です。
ここは寄り道はあるものの、基本的にボスまで一本道のようです。

艦これ蒼きイベント13.png
↑激おこコンゴウ丸

最深部ボスはアニメ版でもラスボス的ポジションの大戦艦・コンゴウです。
超重力砲二巡に加え、随伴艦に重巡・マヤを従え最高4回の超重力砲を食らう可能性があります。
5回ボス撃破しないといけないので、実はかなり資源的にも負担がかかります。

艦これ・ハルナ中破.png
↑ハルハルはコートが無いと・・

このようにハルナが大破などした日には目の玉が飛び出るほどの修理費を払う必要があります。
しかしながら、ハルナ・タカオ・イオナのアルペジオ組を組み込むのが一番撃破率が高いのでここで断腸の思いで3隻を組み込みます。

艦これ蒼きイベント14.png
↑イオナの雷撃

夜戦能力はハイパーズ以上のイオナは最後尾に配置し、夜戦でコンゴウを撃ち抜きます。
過去のイベントの経験もしっかり活用できていい感じです。

艦これ蒼きイベント15.png
↑最後もイオナで

ラストもイオナが決めてこれで海域クリアです!

艦これ蒼きイベント17.png
↑イベント全海域制覇

今回のイベントの目玉報酬ゲットです。

艦これ蒼きイベント16.png
↑しおい?

やばいwもうしおいなんて呼べません。
イオナならぬ、「いおな」と呼びます。
これで使用できる潜水艦が5種類に増えて戦術の幅が増えました。
潜水艦艦隊が組める日もそう遠くはありません。

艦これ蒼きイベント18.png
↑暫定艦隊

イベントの期間中ではありますが、一応潜水艦艦隊は組めます。
期間中だけなのが本当に残念です!

おっと、そう言えば今回は道中にも潜水艦が多数入手できるようですね。
E-3攻略中に私もイクを入手できました。

艦これ343.png
↑イクっ

戦略的大勝利

ぶっちゃけこれだけでも今回のイベント参加した意義があります。
残り期間中はゴーヤとイクを複数入手できればイベントを最大限活用できたことになります。
イムヤもここまでに2隻ドロップしたので、潜水艦を持っていない提督諸氏には非常にトライし甲斐のあるイベントのようですね。
E-1に続いてE-2の攻略です。

艦これ蒼きイベント6.png
↑タカオとの邂逅

まずは遠征6回でタカオと邂逅します。
長時間遠征に出していた人はここで足止めを食らったとか何とか。

艦これ・タカオ.png
↑タカオさんきゃわわ

チョロ艦さんちーーーーっす!

アニメではネタキャラ色が強いポジションでしたが、終盤で名言「愛は沈まない」を言い放ったり、身を挺した行動で一躍チョロインの名を返上した人気キャラです。
※タカオの呼び方例※
・チョロイン
・チョロ艦
・従順タカオ
・ツンデレ重巡
などなど

性能は重巡洋艦と言う名の何かです。
もちろん超重力砲も使用でき、これがタカオを編成する時の主力となります。
発動はランダムなため、出ればラッキー程度ですが、発動した時は強力な全体攻撃で敵を複数沈めてくれます。

艦これ蒼きイベント9.png
↑超重力砲

しかし、超兵器だけあって使用する資源も修理費も規格外です。
強いからと言って考え無しに出撃させていると資源がマッハです。

艦これ蒼きイベント10.png
↑うはw

***
と言う事でE-2攻略です。
ルートは北と南ですが、北はボス確定ですがうずしおを通過するため2戦目で主力が中破多数以上になるとボス戦で火力不足になるため撤退推奨です。
ここは2マス目で大戦艦キリクマキリシマを相手にしないといけないのでかなりの損害を覚悟しなければなりません。
もちろん超重力砲を使ってくるうえ、砲撃二巡するので被害多数となり、修理で資源もザクザク減っていきます。

艦これ蒼きイベント8.png
↑大戦艦キリシマ

***
南ルートでは、アルペジオ組・重巡マヤが3戦目で出現します。
超重力砲は使うものの、基本一巡なので北ルート程の脅威ではないはずです。
個人的にここは南ルートに主眼を置いて編成に戦艦を入れない事をオススメします。

艦これ蒼きイベント7.png
↑カーニバルダヨッ!

***
キリシマとマヤの超重力砲でガリガリ削られたため途中撤退が増えましたが、それでもボスに到達し、ゲージを削っていきます。

艦これ蒼きイベント11.png
↑タカオさんの超重力砲は重要なダメージソース

最後のゲージはハイパーズで削って攻略終了!

艦これ蒼きイベント12.png
↑頼みの綱はハイパーズ

艦これ組でアルペジオ組に肉薄できそうなのはやはりハイパーズでしょう。
夜戦時の攻撃力は規格外です。
個人的にE-2はかなり出撃数がかさむので、資源数とバケツには余裕を持って挑みましょう。
私はここで資源5000近く、バケツ30個近く消費しました・・

***
E-3へは大戦艦・ハルナとの邂逅が必要です。
そのためには演習で4勝が必要です。
既に演習を終わらせていた人は翌日まで持ち越しとなったようですが、タカオと言い、邂逅イベントは斬新でした。
私はまだ演習を終わらせていなかったので問題なく演習を終わらせる事ができました。

艦これ・ハルナ.png
↑ハルハル

E-3の模様は明日お届けします♪
12/24アップデートの目玉、蒼き鋼のアルペジオコラボイベント海域の攻略をしてきました。
まずはE-1の海域に出撃するための任務をこなします。
海域出撃にはイオナとの邂逅が必要で、そのためには潜水艦を2隻狩る必要があります。
期間限定で1-4に潜水艦が配置されたようですが、デイリークエストで南西諸島海域をクリアしたあと、潜水艦狩り任務と兼務します。

艦これ・イオナ.png
↑イオナ

「急速せんこ~」がツボでしたw
このユルさがアニメ版イオナの魅力ですね。
ついでに執務室も家具が配信されたので模様替えしてみました。

艦これ・キリクマ.png
↑ソファの上にはキリシマが・・!?

アルペジオつながりで早速大戦艦キリシマ入りのヨタロウ(通称キリクマ)を配置。
おおっ、なかなかいい感じ。

艦これ・執務室.png
↑結構統一感あふれる執務室

***
そんなこんなで、いよいよE-1出撃です。
道中は問題なく進み、ボスのタカオ戦です。

艦これ蒼きイベント1.png
↑おお!?

クラインフィールド(おそらくmiss時の表現)もバッチリ表現されています。
オマケにボス戦BGMはアニメOPをそのまま使っていますw
このコラボイベント、運営様の本気度すごい!(歌詞がセリフとかぶってちょっと聞き取りにくいのが難点ですが)
それにしてもイオナのステータス、さすが超兵器です。
戦艦並の火力と駆逐艦並の雷撃、その他のステータスも次元が違います。
更にここから近代化改修ができるんですね。

艦これ蒼きイベント2.png
↑艦これ版蒼き艦隊

原作版に対抗して艦これ版の蒼き艦隊メンバーで攻略していきます。
編成メンバー:霧島・摩耶・高雄・長良(友情?出演)・榛名

艦これ蒼きイベント3.png
↑クラインフィールド展開

潜水艦でクリアするのが一番楽ですが、超重力砲を見てみたかったのであえて通常編成で行きました。
手痛い超重力砲を1回食らったものの、E-1ボスのタカオを3回撃破し海域クリアです。

艦これ蒼きイベント5.png
↑試作晴嵐

ランカーへのささやかなご褒美である試作晴嵐を入手できました。
非常にレアな装備なので大事に使っていきます。
12/24大型アップデートの内容です。

***
・大型艦建造の実装
・新艦娘多数投入
・蒼き鋼のアルペジオとのコラボイベント(イベント海域実装)
・新装備の実装
・クリスマス仕様の実装
・図鑑更新
・母港拡張(艦娘保有枠+10)

***
最も驚いたのが、これだけの大型アップデートにも関わらず遅延がほとんど(?)発生しなかった事でしょうか(仕事中につきメンテ終了時間については詳しくは分かりませんが、ツイッターを見る限りおおむね順調に終了したように見えました)
目玉は大型艦建造とコラボイベントですが、魯粛的に神アプデと感じたのは母港拡張です。
新艦娘実装が続けど、母港はドンドン手狭になってきていたのでこれは嬉しい要素です。
欲を言えば課金なしでも全提督に枠拡張でもいいと思いますが、まあ数少ない課金要素なのでこれでも十分ありがたいです。
できればもう10枠ほしいです・・

個人的にツボだったのはこちら。
【大型艦(含む新型艦)建造】システム、本日メンテナンス明けより実装です。十分な資源及び開発資材等の備蓄がある場合のみ、ご活用ください。購入アイテム(課金)での大型艦建造は極力避けて頂くよう、お願い申し上げます。 ※資源は自然回復や遠征で、資材は遠征や任務で入手可能です。
↑公式ツイッターより

無理な課金をしないよう呼びかける運営様w
よほどメディア展開が好調なのでしょうか、普通ソーシャルゲームの運営はこんなこと言いませんw

とりあえず大型艦建造は置いておいて、アルペジオコラボイベントを堪能してくるとします!

艦これ341.png
↑サンタさんだよー!よっろしくぅ!↓
艦これ342.png

那珂ちゃんサンタ・・
これは那珂ちゃんのファンにならざるを得ない!
川内型軽巡洋艦1番艦・川内
※史実略歴※
史実川内.png

1924年4月29日 三菱造船長崎造船所にて竣工
1943年11月9日 戦没

特徴的な煙突
八八艦隊計画に基づいき、5500t級軽巡洋艦最終グループの1番艦として建造された。
予定通りなら同型8隻からなる大所帯になるはずであったが、ワシントン軍縮条約により八八艦隊計画が頓挫、3隻のみの建造で打ち切られる。
川内型の特徴としては、独特の煙突が挙げられる。
これは、八八艦隊計画によって重油の消費量が増える事から、従来の重油専用ボイラーの割合を減らし、重油と石炭の混成ボイラーを多く配置したため。
混成ボイラーでは煙の量が増えるため、煙突の本数が3本から4本に増えた。
また、川内型3姉妹でも、神通と那珂はダブルカーブドバウ、川内はスプーンバウなので見分けがつく。

夜戦に生き、夜戦に散る
川内は参加した主な戦闘4回中3回が夜戦だった。
唯一の昼間戦闘となったミッドウェー海戦では一航艦の後方待機のまま海戦が終了し、交戦する事無く帰投した。
最後の戦いとなったブーゲンビル島沖海戦では、米軍艦隊と交戦中に回避行動したところ、味方駆逐艦・時雨と衝突しそうになり、その際に集中砲火を受け航行不能に陥る。
味方艦隊は戦闘を離脱するも、航行不能で単艦敵中に取り残された川内は沈没する。

※艦名由来※
艦これ334.png
↑水害の記録

九州中部を流れる川内川が由来。
洪水が良く起きる川としても有名。
画像は国土交通省HPより。

艦娘・川内
艦これ川内.png
↑夜戦バカ

「5500トン級の軽巡洋艦の最終タイプ、それが私、川内型よ。
熟成された軽巡の魅力、たっぷり教えてあげるから。
もちろん、夜戦でね!」

※容姿・性格※
夜戦バカ。
終了。

・・では芸が無いので一応補足を。
姉妹艦である神通と那珂とおそろいのオレンジ衣装にセーラー服の美少女。
口を開けば夜戦の事ばかり話すが、史実では夜戦戦闘で艦生を過ごした反映だと思われる。
あまりにも夜戦夜戦言うためか、史実で絡みのない他の艦娘から異様なほど言及されている。
正規空母・S鶴:「フタマルマルマルです。何か騒いでいる軽巡が居ますね、何かしら?」
正規空母・Z鶴:「フタマルマルマル! って、かわう・・川内うるさい!
重巡洋艦・K野:「夜戦?どこかの馬鹿が好きでしたわね」
軽巡洋艦・Y張「午後10時です。あーもう、5500t級が一隻うるさいですね、文句言ってきましょうか」
軽巡洋艦・K怒:「23時です。正直、川内さんがすっごくうるさいんだけど!
軽巡洋艦・A武隈:「さぁて夜戦ね、どこかの夜戦馬鹿には負けないんだから」
駆逐艦・H風:「午後10時。川内姉さんいなくて、静かでいいわ
駆逐艦・N波:「午後8時。誰か騒いでるな。ん?川内か。通常運転だな
駆逐艦・S雨改二:「フタマルマルマル。そろそろ夜戦の時間か・・。騒がしくなるね・・。

更には「夜戦主義」なる家具まで用意される始末。
更に更に桃井氏による公式4コマ漫画では夜戦バカに一段と磨きがかかったうえ、駆逐艦フェチと言う新たな設定も加わって危険度倍増。
今日も駆逐艦は夜戦と言う名の何かにおびえる日々を送る羽目に・・
更に更に更に紳士提督諸氏からは夜戦突入(意味深)など(性的な意味で)言及されている模様。
運営にも提督にも弄られ愛されている川内さんの明日はどっちだ。

※セリフピックアップ※
だいたい夜戦言ってます。

***
戦力考察
夜戦と言えば川内、川内と言えば夜戦と言えますが、実際のところ夜戦戦力としては他の艦種と仕様は同じで、夜戦がひときわ得意・・となっているわけではないようです。
夜戦時の攻撃力は火力+雷撃値が適用されている都合上、軽巡洋艦ではむしろ夜戦では総合的な火力で優れる球磨や名取のほうが上です。
川内型では姉妹艦の神通と那珂よりレアリティが高く、耐久と装甲が優れる防御に適した艦と言えます。
しかし、戦力以上に意義があるのが第3艦隊解放に関わってくる事で、遠征を効率的に回すためにも、如何に早く川内を入手できるかがカギとなっています。
現在のところ夜戦では他の軽巡とほぼ変わらない性能になっていますが、そのうち夜戦適性なるステータスでも実装されれば神通や夕立など鬼神クラスの艦と肩を並べる存在に・・なれるかな(希望)
まずは改二で夜戦的な数値が伸びる事を期待です。

※こだわり編成※
艦これ335.png
↑ブーゲンビル島沖海戦編成

川内最後の戦いとなったブーゲンビル島沖海戦の主要参加艦船です。
この戦いで川内が時雨と衝突しそうになり隊列が乱れ、後続の五月雨と白露が衝突してしまいます。
直後集中砲火を受けて川内は航行不能になりその艦歴を終えます。
ゲーム内ではぜひこの編成で川内を生き残らせましょうw

本隊(大森仙太郎少将):妙高 羽黒
第一警戒隊(伊集院松治少将):川内 時雨 五月雨 白露
(第二警戒隊は編成上省略) 
艦これ330.png
↑資源増加中

先日の弾薬に続き。燃料以外も10万の大台に乗りました。
最近タンカー護衛任務を行っていないので燃料のペースが上がらない・・
弾薬は長距離航海、鉄鋼は解体で増えるけど燃料は遠征が主な収入源なので遠征の内容次第では偏りが出てきますね。
鼠輸送と海上護衛任務は外せないので、長距離に代わる効率的な燃料遠征も実装されてほしいです。

※本日の5-2※
SS撮り忘れましたが、山城でした。